4562122.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/09/01(木) 09:40:42.33 ID:
※ 動画あります
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<アンカー>
光州(クァンジュ)で日本脳炎の患者が発生しました。患者は野外活動が多かった50代の男性で、現在は
意識不明の状態です。

パク・ゴンウ記者です。

<レポート>
今年初の日本脳炎患者は、光州に住むエアコン設置技師のキム某さん(51歳)です。蚊に刺された後、
急に熱が出て病院に入院、2回の検査で確定判定を受けました。

<チョン・スンボク(光州市健康政策課長)>
「8月15日頃に高熱が出て家にいましたが、16日から熱性けいれんが起きて・・・」

17日に心停止状態となったキムさんは現在半昏睡状態で、集中治療室で治療を受けています。日本脳炎を伝染させる蚊は※チャクウンパルガンチプモキ(コガタアカイエカ)です。
※ チャクウンパルガンチプモキ=チャクウン(小さい)パルガン(赤い)チプ(家)モキ(蚊)

この蚊に刺されても約95%は症状が現われません。しかし脳炎に進んだ場合、40度近い高熱と頭痛、けいれんなどの症状がを現われて、致死率は30%に達します。

<シン・インス(疾病管理本部予防接種管理課)>
「ウイルスによって致命的な急性神経系の症状に進行するケースがあるため、蚊に刺されないように注意が必要です」

昨年は40人の患者が発生して2人が亡くなりました。保健当局は田畑や畜舎など、蚊の生息地に対する防疫活動を強化しています。

TV朝鮮のパク・ゴンウでした。

ソース:NAVER/TV朝鮮(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=448&aid=0000178095 
 
=管理人補足=
日本脳炎(にほんのうえん、Japanese encephalitis);
ウイルスによる脳炎。日本だけでなく南方アジア方面にも広く分布する。日本脳炎ウイルスを保有した主にコガタアカイエカ (Culex tritaeniorhynchus) に刺されることで感染するが、熱帯地域では他の蚊も媒介する。日本においては家畜伝染病予防法における監視伝染病であるとともに感染症法における第四類感染症である。
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%84%B3%E7%82%8E

日本脳炎ウイルス;
日本脳炎の病原体で、1934年(昭和9)に林道倫(みちとも)(1885―1973)が脳内接種法によって初めてサルに伝播(でんぱ)させ、36年には谷口・笠原(かさはら)らがマウスを使ってウイルスの分離に成功した。アルボウイルスのB群(現在の分類法ではフラビウイルス科フラビウイルス属)に属するRNAウイルスで、セントルイス脳炎や西ナイル脳炎のウイルスと類似するが、病毒の中和試験によって区別される。
コトバンク:https://kotobank.jp/word/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%84%B3%E7%82%8E-110247
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
初めての日本脳炎患者発生...昏睡状態治療中/ YTN (Yes! Top News)
2016/08/31に公開
 
[アンカー]
コレラに引き続き蚊で伝染する日本脳炎患者まで発生しました。今年に入っては初めてなのに、現在の集中治療室で治療を受けています。イ・スンベ記者です。

[記者]
初めて症状が現れたのは去る15日、光州(クァンジュ)広域市に住む51才キム・某さんが熱と共にけいれん症状を見せて病院に入院しました。

エアコン設置仕事をして外側活動をたくさんしたと伝えられました。

意識障害などからだ状態が悪くなるとすぐにすぐに病院で1次検査をしたが、この時だけでも音声反応が出てきました。

だが、去る23日疾病管理本部が実施した2次検査で養成が出てきて最終確診判定を受けました。キムさんは現在の半分昏睡状態で集中治療室で集中治療を受けています。

[チョン・スンボク/光州(クァンジュ)広域市健康政策課長:
(普通)最近1ヶ月以内に旅行経歴があるのかないかを私どもが重点的に判断しますね。 ところで最近1年の間に海外旅行を行ったことが全くなかったし….]

日本脳炎は人によって感染しないで主に「コガタアカイエカ」で伝播します。95%程度が格別症状なしで移るのに珍しく脳炎に進行されます。高熱や頭痛、めまいと嘔吐、意識障害などの増税が現れて激しい場合には死亡することもあります。

昨年には全国に患者が四十人発生し、この中2人は亡くなりました。最近5年の間患者を見れば50代半ばが最も多くて四十才以上が90%を越えます。保健当局は地域に拡散しないように祝辞と水溜まりなど蚊棲息地に対して防疫消毒を強化することにしました。

蚊活動が旺盛な明け方や夕方時間に活動を自制して老人や子供たちはあらかじめ予防ワクチンを接種してほしいと頼みました。

YTNイスンベ[sbi@ytn.co.kr]です。