963255523.jpg 
(画像サムネイルです。)


1
:2016/09/04(日) 20:52:19.47 ID:
世界7位の海運会社である韓進(ハンジン)海運が1日に法定管理に入り、世界の海運市場が揺れ動いている。韓進海運の抜けた穴を狙った大手海運会社が船舶運賃引き上げを主導し市場の地図が変わっている。一部では2008年以降低迷していた海運業況が改善されるという観測も出ている。

22日に発表された上海コンテナ運賃指数(SCFI)は763.06を記録し、先週の596.38より27.9%上昇した。SCFIは代表的な海運市況指標だ。2009年10月の運賃を1000ポイントとし、変動値を毎週1回発表する。SCFIは世界の景気低迷と減少した物流量を確保しようとする3大海運アライアンス間の競争で今年3月には400ポイント台まで急落した。その後反騰した運賃は今回の韓進問題を契機に急騰している。海運業界によるとアジア~米西海岸路線の40フィートコンテナ1個当たり運賃は1746ドル(約18万859円)で先週より51.4%上がった。韓進海運の主力路線は運賃がさらに上がった。先月末に40フィートコンテナ当たり1100~1200ドルだった釜山(プサン)~ロサンゼルス路線の運賃は1800~2000ドルで70%近く急騰した。釜山~ニューヨーク、釜山~ドバイもやはり60%上がった。

海運業界では観測が交錯する。韓国海洋水産開発院のファン・ジンフェ室長は「最近の運賃急騰は短くて半月、長くて1カ月以内に整理されるだろうが、中長期的に運賃は10%程度上がるだろう」と予想する。韓進海運の輸送能力やシェアを考慮すると船舶供給が減っただけに運賃は上がるほかないということだ。これに対し韓国海洋大学のイ・ガンギ教授は、「韓進海運問題で運賃指数が一時的に上がったもの。世界の景気が改善し物流量が増加しない限り瞬間的な効果にとどまるほかない」と主張した。

世界市場を三分した海運アライアンス間の競争がさらに激化して運賃が再び暴落し、第2、第3の韓進海運が相次ぐだろうという懸念も出ている。ブルームバーグは2日、「韓進海運の法定管理は金融危機以降に海運会社が健全性を回復できなかったという証拠。世界の海運業界全体の打撃につながるだろう」と報じた。海運調査会社のドリューリーマリタイムリサーチは今年世界の海運会社が50億ドルの赤字を出すだろうと予想した。

http://japanese.joins.com/article/224/220224.html
 
=管理人補足=

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
韓進海運半分マヒ..."大株主責任を負えば緊急支援" / YTN (Yes! Top News)
2016/09/04に公開
 
[アンカー]
法廷管理に入った韓進海運船舶半分が海外港湾に船を当てることもできないなど深刻な運航支障をきたして9部署が合同対処することにしました。荷役費など必要な資金を金融当局が支援することができると明らかにしたが大株主である韓進グループの責任を負う姿勢を必要条件で前に出しました。
イ・ジョンミ記者です。

[記者]
韓進海運の半分が麻痺しました。五日ぶりに支障をきたす船舶は70隻近くに増えたし、船が海に留まって貨物はもちろん船員までも陸地に入ってこれずにいます。

[イヨファン/韓進海運労働組合委員長:
船員に生活必須用品であるミネラルウォーター、食料品、その他必須項目が今不足するようになる状況です。]

追加被害を減らすために政府9部署が合同対応に出ることにしました。
港湾別に在外公館が中心となった対応チームを構成して入港と荷役手続きを助ける予定です。

[キム・ヨンソク/海洋水産部長官:
現地対応チームを構成して、韓進海運船舶が早く入港して貨物の荷を下ろせるように相手国政府、ターミナルなどと協議しています。]

荷物をおろしても通関に時間がかかるという点を考慮して、手続きを簡素化して、国内港湾に貨物を置くことができる期間も最大1年までで増やすことにしました。

韓進海運が43ヶ国裁判所に申し込んだ差し押さえ禁止手続きも外交通商部が支援します。
来る8日から投じる予定の現代商船のいったい船舶13隻は中間に色々な港を立ち寄れるようにする方案を検討します。

だが、荷役費を与えずには直ちに船を港湾に待機も難しい状況です。

金融委員会は緊急資金支援を検討するとしながらも、大株主であるチョ・ヤンホ韓進グループ会長の責任ある姿勢を先に要求しました。

[チョ・ポンギ/韓国船主協会常務:
支給保証同じ物をして、私がこのサービスを提供して代金を受けるうかと思う不安感を解消しなければなりません。]

我が国輸出業界の打撃は日ごとに増えています。
アメリカ収穫感謝祭をむかえて運送物量があふれ出るシーズンであるだけに外国海運会社にだけ時ならぬ好況を作っているという指摘も出ます。

韓進海運が法廷管理に入って五日ぶりに9部署が合同対応に入ったが、秋夕とアメリカの収穫感謝祭を控えているだけに、業界の被害は予想より大きくなると見られます。

YTN里程米[smiling37@ytn.co.kr]です。