956235544.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/09/06(火) 21:43:42.65 ID:
韓進(ハンジン)海運の法定管理で5日現在73隻の船舶が幽霊船のように24カ国44港湾の沖合に漂っている。

中央日報が7人の専門家に状況を打開するための案を尋ねた。「足止めされた船に積まれた貨物の荷役案を講じることが優先第1位」という意見には異論がない。

理由は2つだ。貨物が適時に到着しなければ国家の信任度まで打撃を受けるからだ。貨物が消えれば後になってより大きい訴訟戦に飛び火する恐れがある。約8300の荷主が韓進海運に預けた荷物の貨物価額は140億ドル(約1兆4500億円)に達する。すでに海外の荷主たちは法務法人和友(ファウ)など国内ローファームと接触を始めたという。

サービス再開にかかる費用はいくらぐらいだろうか。キム・ヨンム韓国船主協会副会長によれば船舶の入港・荷役作業に1隻あたり70万ドルがかかる。韓進海運が運航中の95隻には735億ウォン(約69億円)が必要だ。荷役後はターミナルに保証金と運搬費を納付しなければ荷物を搬出できない。保証金を除いても120万個のコンテナ運搬には7320億ウォンが必要だ(ドイツのハンブルグ港基準1個あたり500ユーロ、約5万7800円)。すなわち最低8000億ウォンは必要だということだ。

問題はこの費用を「誰が」、そして「どこまで」負担できるかだ。サムソンロジックス・大韓海運の法定管理に関与したキム・チャンジュン法務法人のセ・ギョン代表弁護士は、韓進海運の債権を▼公益債権▼延滞債権に分けて別々に処理しようと提案した。法的再生手続きの開始決定である1日を基準に、それ以前は延滞債権、その後は公益債権ということだ。「公益債権は政府が全額返済を保証し、延滞債権は法によって処理しよう」という話だ。根拠は「債務者の再生および破産に関する法律」だ。この法律では公益債権は全額返済し延滞債権は裁判所が返済額を決めると規定している。延滞債権は通常債権金額の10~20%だけが認められ10年前後の長期分割で償還する。

ヤン・チャンホ韓国海洋水産開発院長は費用を2段階に分けて対処するよう提案した。第1段階は荷主に貨物を輸送するのに必要な緊急資金、第2段階は韓進海運の法定管理期間に物流を運送する際に必要な資金だ。「対外信任度の下落を考慮して第1段階は政府が直ちに用意し、第2段階は債権団・韓進グループが分担せよ」という立場だ。ハ・ヨンソク海運物流学会顧問も、ひとまず政府が支給保証しようという意見は同じだ。ただし政府が韓進グループに債権放棄の覚書をもらう形で税金投入を最小化しようという意見だ。

一方で政府が出る必要はないという主張もある。キム・ヨンム副会長は1対1対1の原則を提案した。これまでの債務のうち5000億ウォンを減らし、韓進グループと債権団がそれぞれ5000億ウォンずつ出せば問題が解決できるとみた。キム・インヒョン高麗(コリョ)大学法学専門大学院教授はひとまず金融圏が緊急資金を出血し、韓進グループに求償権を請求する案を提示した。尹増鉉(ユン・ジュンヒョン)元企画財政部長官はあらゆる事を経済論理にゆだねようという意見だ。彼は「政府が出れば再び税金が投入される」として「残念だが原則通りに荷主・関連企業が損失を抱え込むほかはない状況」と話した。

http://japanese.joins.com/article/339/220339.html 
 
=管理人補足=

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画は、9/6 21:45頃公開の動画です。
 
'立ち往生する貨物'...輸出業者'憂い' / YTN (Yes! Top News)
2016/09/06に公開
 
[アンカー]
韓進海運事態が長期化して、港に抑留されたり入港を拒否される輸出業者の憂いも深くなっています。8,300個を越える韓進海運関連業者の中で今まで約120ヶ所が被害を申告したが、日ごとに被害が増える傾向です。
チャ・ユジョン記者です。

[記者]
コンテナ船中に家電製品がいっぱい積まれています。韓進海運事態が起こった後、すでに一週間、シンガポール港に抑留されて身動きができない国内の中小輸出業者の物品です。

[チェ・ソンチョル/被害業者代表:
シンガポールに突然予期せず韓進法定管理の申請に基づいて差し押さえられた状況だよ。船に積まれている私どもの製品は韓国ウォンで換算すれば2億 7千万ウォン程度。]

この会社は、代替船を入手して数倍に達する高価な運賃を払わなければならず、取引先からも激しい抗議を受けた。

[チェ・ソンチョル/被害業者代表:
すべてのコンテナ開いて作業をまたやり直す必要があり、コンテナあたり約90万ウォン程度の別の作業費が発生した状態です。]

アメリカに雑貨を輸出している他の業者は、アメリカ、ロングビーチ項入港まで拒否されて、誓約なく公海上を流れています。
 
[チャン・ホスン/被害業者代表:
船一つは公海上に浮いているから、賞味期限がある製品もありますね。 今日明日と延ばして賞味期限が差し迫れば….]

ターミナル側で韓進海運から荷役費などの支給を受け難く、追加費用がかかると見られるとすぐに入港を最初から拒否しているものです。
貿易協会には現在まで119個の業者の被害申告が入ってきています。

申告件数は急増の勢いを見せています。

韓進海運に貨物を船積みした貨物主は8,300ヶ所余り、貨物価額は約16兆ウォンに達します。

貨物主だけでなく埠頭で船舶を固定する業者と給油、清掃などをする協力企業等も受けることが出来なかったお金が530億ウォンに達して心配している状況です。

政府と韓進海運が互いに責任を押し付けて具体的な対策を素早く出すことができない間に、被害企業等は中が燃え上がっています。

YTNチャ・ユジョンです。