container-158362_640_20160907120711ea5.png 
(イメージです。)


1
:2016/09/07(水) 08:27:17.04 ID:
現代商船、来年にも運転資金不足か

 現代商船は今年上半期だけで約4000億ウォン(約373億円)の営業赤字を計上し、手持ち現金が7000億ウォン前後にまで減少した。営業赤字が続けば、来年上半期には運転資金が不足する可能性が高い。

 破産の危機に直面している韓進海運と同様、韓国の海運大手である現代商船の業績も悪化している。専門家は「韓進海運に続き、現代商船まで破綻すれば、世界6位の韓国海運業がまるごと崩壊しかねない」と懸念している。

 現代商船の業績悪化は予想より世界的な景気低迷が深刻だったことに加え、競争激化が原因だ。現代商船は現在、割高な用船料と低運賃で貨物を運べば運ぶほど損失が出る構造だ。世界の海運業界では運賃値下げ競争が過熱している。

 当初現代商船が法定管理(会社更生法適用に相当)を回避できたのは、現代証券の売却などで1兆2000億ウォンの資金を確保できたからだ。債権団主導の経営再建を脱してからわずか1カ月で余裕資金が1兆2000億ウォンから7000億ウォンに急減したことは危険信号と言える。

 現代商船は世界的な業況からみて、2018年までは営業赤字が避けられないとみている。今後2年間の損失は1兆5000億ウォンを超えると推定される。来年上半期以降、運転資金が不足すると予想される根拠だ。業界関係者は「現代商船は売却可能な資産を全て売却してしまっており、これ以上資金確保のめどが立たない」と指摘した。結局現代商船の再建に産業銀行など債権団による1兆ウォン以上の追加支援が必要になるとみられる。

 韓国政府は韓進海運の優良資産を現代商船に譲渡し、「統合現代商船」を発足させることを想定しているが、現状では統合しても競争力が疑問視される。船主協会関係者は「現代商船が買収資金を調達できるかどうかも分からない上、買収に成功しても韓進海運が保有する営業網、輸送需要を外国企業に奪われる可能性が高い」と懸念した。

ユン・ヒョンジュン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/07/2016090700623.html 
 
=管理人補足=
ご参考までに。

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画は、9/7 10:30頃公開の動画です。
 
アメリカ裁判所、韓進(ハンジン)海運臨時破産保護承認/ YTN (Yes! Top News)
2016/09/06に公開
 
[アンカー]
アメリカ裁判所が韓進海運に対して臨時破産保護を承認しました。これに伴い、当分債権者は韓進海運のアメリカ内資産を差し押さえられなくなり、今回の事態収拾に少なくとも息の根がひらくと見られます。
 
取材記者連結します。 チョン・ジュンヒョン記者!
アメリカ裁判所が臨時破産保護を承認して孤立した韓進海運船舶の運行も再びなされることができるようになるんでしょう?

[記者]
ひとまずアメリカにある船舶に限っては息の根がちょっとひらくと見られます。アメリカ、ニュージャージー州、ニューアーク所在破産裁判所のジョン シャーウッド判事は去る2日韓進海運が提起した破産保護申請を受け入れました。

ただし今回の措置は臨時的という荷札が走りました。

シャーウッド判事は来る9日追加審理を通じて債権者保護の有無を確認する予定だと明らかにしました。
破産保護は韓国の法廷管理と似た概念です。

したがって韓進海運債権者は当分韓進海運のアメリカ内資産を差し押さえることが出来なくなり、他の法的手続きも進められなくなります。

これまで韓進海運船舶は、差し押さえの懸念などで港に入ってもできないまま、海を漂ってましたが、今回の裁判所決定によりひとまずアメリカでは予定された港に入港してコンテナに積もっていた物品を運送することができるようになりました。

アメリカ裁判所の今回の措置は韓進グループが物流大乱解消のために千億ウォンを支援することにした点も影響を及ぼしたと伝えられました。

今まで国際部でYTNチョン・ジュンヒョンです。