195518[1] 
(イメージです。)


1
:2016/09/07(水) 06:40:09.63 ID:
韓国が超高解像度光学衛星を独自技術で開発する。

韓国未来創造科学部と韓国航空宇宙研究院は多目的実用衛星7号(アリラン7号))を独自技術で開発するための関係機関事業着手会議を7日開催すると6日、明らかにした。

韓国政府は2021年12月までに計3100億ウォン(約289億円)を投じて衛星システムや本体、搭載体などの設計・組み立て・試験・検証などの全過程を国内の独自技術で進めて2021年下半期に打ち上げるとしている。

災害・災難および環境監視、都市ヒートアイルランド現象の分析などの活動を行うアリラン7号は、昨年3月に打ち上げられたアリラン3A号の後続衛星で、▲0.3メートル以下の超高解像度光学カメラ▲赤外線カメラ▲コントロール・モーメント・ジャイロ(CMG:Control Moment Gyro)基盤の高機動姿勢制御システム--などの先端技術が使われるハイスペック衛星だ。

韓国航空宇宙研究院によると、既存のアリラン3A号(光学0.55メートル)が地上の車両の存在を確認する程度だとしたら、これより判読能力が3.4倍高いアリラン7号はその車両が小型車なのかトラックなのかも区分することができる。既存3A、5、6号の搭載体は海外協力によって開発されているが、7号はシステム・本体だけでなく光学搭載体に至るまですべて韓国の独自技術で開発される予定だ。

http://japanese.joins.com/article/348/220348.html