stock-exchange-295648_640.png 
(イメージです。)


1
:2016/09/08(木) 19:08:39.08 ID:
韓国海運最大手の韓進海運の会社更生をめぐる混乱が広がっている。同社の法定管理申請に伴う世界的なサプライチェーンの混乱の抑制に韓国政府が乗り出す中、同社は航行中の船舶を寄港させ、積載貨物の荷揚げを目指している。

一方、韓進海運の株価は6日、政府融資を受けるとの聯合ニュースの報道を受けて大幅上昇した。

韓進海運の船舶はシンガポールや独ハンブルク、韓国の釜山などに寄港する。企画財政省の崔相穆(チェ・サンモク)次官が5日、ソウルで明らかにした。それぞれの現地規則から判断すると、同社船舶が港で足止めになる可能性は低いという。

韓国金融委員会(FSC)によると、同社ではコンテナ船61隻を含む79隻の運航が滞っている。

韓進海運は先週の法定管理申請後、債権者の法手続きで同社船舶が差し押さえられないように43カ国で中止命令を求めている。法定管理申請で同社の貨物船は航行途中で立ち往生し、年末商戦を控えて企業のサプライチェーンも混乱した。

同社船舶の寄港で、LG電子などの顧客が自社製品や他の貨物を陸揚げし、他の船舶や陸上での輸送に切り替えることが可能になる。

一方、与党セヌリ党のキム・グァンニム議員の声明によれば、与党は政府に対し、韓進海運を傘下に置く韓進グループが担保を提供することを条件に、1000億ウォン(約94億円)を低金利で融資するよう要請した。

これとは別に、韓進グループも6日、1000億ウォンを支援すると発表した。発表資料によれば、このうち400億ウォンを趙亮鎬会長が提供し、残り600億ウォンは米ロングビーチ港のターミナルの権益やその他資産を担保として調達する。

キム議員の声明によれば、海洋水産省の見積もりでは、韓進海運は港湾事業者への支払いなどで直ちに約1000億ウォンを必要としており、燃料費などの未払い費用を含めれば必要額は6000億ウォンを超える。

韓国紙アジア経済の報道によれば、韓進グループは大口債権者である韓国産業銀行と、金融支援や担保について協議を進めている。同グループはサプライチェーンの混乱を和らげるため、大韓航空など他のグループ企業を通じて輸送を支援する方針も明らかにした。
 
SankeiBiz (ブルームバーグ Kyunghee Park、Nicholas Brautlecht)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160907/mcb1609070500020-n1.htm 
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画は、9/7 15:30~16:00頃公開の動画です。

政府・債権団、裁判所韓進(ハンジン)海運支援要請'拒否'結論 聯合ニュースTV
2016/09/07に公開
 
政府と債権団が裁判所の韓進海運緊急資金要請を拒否すると結論を出しました。

金融圏によれば、政府と債権団は昨日(7日)ソウル中央地方法院破産6部の韓進海運貸し出し要請公文書を検討した結果、支援不可結論を下して裁判所に立場を伝達したと分かりました。

裁判所は韓進グループが発表した1千億ウォン支援案が韓進海運正常化に不足だとして、産業銀行に支援を要請しました。

だが、政府と債権団はお金を返してもらうことのできない可能性が大きい上に、アメリカでの荷役完了費用が500億ウォン程度なので、韓進の支援で緊急問題は解決することができると判断したと伝えられました。