12352123.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/09/10(土) 09:38:15.46 ID:
米国ニューヨークのプラザホテルで今月7日(現地時間)に開かれた米投資機関ゴールドマンサックスの年次会議「流通業カンファレンス」。例年であれば流通業の長期戦略について議論する場だが、今年は「韓進海運の破綻による物流混乱」が切迫した問題として関心を集めた。

11月の最終金曜日に行われる米国最大のショッピングセール「ブラックフライデー」を控え、韓国や中国などからの衣類・玩具などの輸送が遅延するのではないかとの懸念の声が相次いだ。

米国の電子機器メーカー、ヒューレットパッカード(HP)の関係者は「韓進海運の船舶にコンテナ500個以上の貨物を積んでいるが、ロサンゼルスの港などに入れない状態だ」として「このままでは市場シェアまで急落してしまう」と話した。

米国のファッションブランド「マイケル・コース」のジョー・パーソンズ社長は「韓進海運の法定管理申請以降、海運市場の運賃が急騰し、商品価格の引き上げや販売利益の縮小を考えざるを得ない」と話した。

韓進海運の経営破綻が、国際的な物流混乱という事態に発展している。昨年、韓進海運が取り扱った約460万TEU(1TEUは20フィートコンテナ1個分)のうち韓国の貨物は10.7%にすぎず、残りは外国の貨物だ。

韓国政府は韓進海運が法定管理を申請した後「韓進海運の物量のうち韓国の物量の割合は少ないため、韓国企業への被害は限定的」との立場を明らかにした。

逆にいえば、90%が中国・米国・日本など外国の貨物というわけだ。釜慶大のハ・ミョンシン教授は「海運業はその特性上、数十か国・数千企業が関わってくる。このため被害も全世界に拡大する」と指摘した。

香港のアパレル企業「エスケルグループ」も7日、韓進海運の経営破綻が原因で深刻な影響を受けた。

当初は中国で生産中の衣類用資材を韓進海運の船舶で香港に輸送する計画だった。ところが韓進海運の船舶が中国の港に入港できず、衣類用資材の輸送ができなくなった。

代わりの船舶を探してようやく香港まで輸送し、到着した資材を緊急手配のトラックで生産工場まで運んだ。エスケルグループのケント・テ部門長は「生産工程が一週間も遅延した。納期日までに完成品を米国や欧州に輸送するためには航空便を使わざるを得ない」と嘆いた。

ブラックフライデーやクリスマスなどのビッグセールを前に商品の輸送が遅延し、世界の流通企業が被害を訴えている。

さらに韓進海運の法定管理申請後は海運の運賃が50%以上も急騰し、流通・製造企業の業績にも影響を及ぼし始めている。ウォルマートやJ.C.ペニーなど大手流通企業でつくる米国小売事業者経営者協会(RILA)はこのほど、米国商務省に対し「物流の混乱とそれに伴う被害を最小限にとどめるため、韓国政府やその他の利害関係者と共に努力してほしい」と要請する文書を送付した。

多くの国々を巻き込んだ世界的な物流混乱であるだけに、解決にも相当な時間を要するとみられる。

米国農務省は7日「韓進海運の破綻による港湾運営の混乱は、解消されるまでに最低でも2-3か月はかかる見通し」とのリポートを発表した。時間が経過するにつれ被害は拡大し、船主らは個別に対応に乗り出している。サムスン電子などは米国の破産裁判所に対し「韓進海運が払うべき荷役費をこちらで負担するので、港に接岸しても差し押さえないでほしい」と要請している。

こうした中、米国の破産裁判所は9日(現地時間)、韓進海運の「破産保護申請」を受理するかどうかの最終決定を下すために審査に入った。米国で活動するキム・ジンジョン弁護士は「1986年に米国の海運会社『U.S.ライン』が倒産した際には最終的な解決までに3年かかった」として「さまざまな国の法的問題を解決せねばならず、大きな困難を伴うだろう」と指摘した。

2016/09/10 09:19
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/10/2016091000440.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/10/2016091000440_2.html 
 
=管理人補足=
ご参考までに。
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画は9/10 12:00頃公開の動画です。
 
韓進海運船舶差し押さえ心配せずに、米国停泊...裁判所「臨時の保護命令」 聯合ニュースTV
2016/09/09に公開
 
米国ニュージャージー州の破産裁判所が韓進海運の破産保護申請を審理した結果、一時的保護命令を下しました。

当該船舶は、韓進ボストンと韓進ギリシャ、韓進正日、韓進グディニャなど4隻です。
これらの船は、現在差し押さえ懸念のために停泊していないまま、米国の港の周りに留まっています。

今回の決定に基づいて、韓進海運は、債権者に船舶や資産を差し押さえされる恐れが消えて、米国の港に停泊して荷物の積み下ろしが可能になり、全世界の港に足止めされ韓進海運船舶には、合計140億ドル、私たちのお金約15兆5千億ウォンにものぼる貨物が載っています。