us-flag-1423651_640_2016091016141766f.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/09/10(土) 12:06:48.83 ID:

アメリカの議会が911テロの損害賠償をサウジアラビアに求める法案を可決 大統領が署名すれば米国債75兆円を差し押さえ
 
http://mainichi.jp/articles/20160910/k00/00e/030/181000c 
 
=管理人補足=
元スレタイ:アメリカ議会「サウジアラビアよ 76兆円払え」
 
ソース記事は、次の通りです。
【毎日新聞】米上下院 サウジ法案可決 オバマ政権は拒否権発動へ(2016年9月10日10時32分(最終更新9月10日11時08分))
 
 (省略)米下院は9日、サウジアラビア政府など外国政府に損害賠償を求める訴訟提起を可能にする法案を賛成多数で可決した。上院でも5月に全会一致で可決しており、大統領が署名すれば成立する。ただ、オバマ政権は、サウジとの関係悪化を懸念して拒否権発動を明言しており、議会との激しい攻防が続きそうだ。

 新法はテロ支援者制裁法(JASTA)と呼ばれ、(省略)現行法では、外国政府は民事請求から免責されているが、新法が成立すれば、これが可能となる。

 米同時多発テロは、実行犯19人のうち15人がサウジ人だった。(省略)米国では国際テロ組織「アルカイダ」に加え、サウジ政府も関与したとの疑念が根強い。

 (省略)

 一方、サウジ政府は法案に激しく反発。法案が成立すれば、訴訟で資産が差し押さえられる可能性があるとして、米国債など約7500億ドル(約75兆円)の米国資産を売却する構えを示している。

 米国の同盟国であるサウジとは、イランとの関係改善を巡り関係が悪化。オバマ政権は、これ以上ぎくしゃくさせたくないとの思いが強く、法案に拒否権を発動する考えを既に示している。