1:2016/09/10(土) 19:07:06.12 ID:
 【ワシントン=青木伸行】
 
 米国防総省のデービス報道部長は9日、5回目の核実験を強行した北朝鮮が、「核弾頭を保有していると見なさなければならない」と述べ、核爆弾の小型化に成功しているという前提に立っているとの見解を表明した。

 北朝鮮が小型化に成功したと主張していることに対し、デービス氏は「証明されていない」としながらも、「(北朝鮮の)言葉をそのまま受け止めなければならない。小型化は難しい技術ではない。われわれの防衛体制は、北朝鮮が小型化の能力をもっているという前提に基づいている」と語った。

 最新鋭迎撃システムの高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国への配備時期については「来年を予定している」としたうえで、「緊急事態であれば迅速に配備できる」と述べ、配備の前倒しも可能だとの認識を示した。

 米軍は偵察機WC135などで、大気中の放射性物質を採取し分析を急ぐ。

 一方、カーター国防長官は「北朝鮮には非核化の対話が開かれているが、異なる道を選択し、信用できる交渉相手ではないことを明らかにした」と批判した。
 
http://www.sankei.com/world/news/160910/wor1609100026-n1.html
08bac4ef.jpg
平壌駅前の大型スクリーンに映し出された、5回目の核実験実施を報じる朝鮮中央テレビの映像=9日(共同)