wave-1215449_640.jpg 
(イメージです。)

1
:2016/09/12(月) 08:16:16.31 ID:
11日午前、佐伯市の沖合いで韓国籍のタンカーと漁船が衝突しました。この事故によるけが人はおらず、大分海上保安部が事故原因を調べています。

11日午前8時15分頃、佐伯市上浦最勝海浦の蒲戸埼からおよそ10キロの海上で、韓国籍のケミカルタンカーと県漁協津久見支店に所属する漁船、「清宝丸」が衝突しました。

タンカーの乗組員16人と、清宝丸の男性船長にけがはなく、事故による油漏れなどもありませんでした。

大分海上保安部によりますと、当時、タンカーは韓国から名古屋に向けて航行中で、清宝丸は現場付近で一本釣り漁を行っていたということです。

大分海上保安部は実況見分を行い、詳しい事故原因を調べています。
 
OBS大分放送
http://www.e-obs.com/news/detail.php?id=09110034975&day=20160911
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【和歌山】韓国籍小型タンカーで爆発か 和歌山沖、3人死傷 ⇒2ch「またかよ」「本当に迷惑な連中だな!」(2016/09/10)