韓国 
(イメージです。)


1
:2016/09/13(火) 08:29:01.96 ID:
東日本巨大地震後に韓半島で地震急増、M7級地震発生の可能性も
東日本巨大地震時に揺れた梁山断層
記事入力 : 2016/09/13 08:15

 12日午後、慶尚北道慶州市近くで発生した大型地震について、韓国国内の地震専門家らは「もう韓半島(朝鮮半島)も地震の安全地帯という固定観念を捨てなければならない」と口をそろえた。最近の日本の大型地震により韓半島で地震が起こる可能性が高まったとの見方もある。地質学界では韓半島の断層構造上、最大でマグニチュード(M)6.5-7.0の地震が発生する可能性があると予測してきたが、今回の地震により2011年の東日本巨大地震や今年4月の熊本地震などで韓半島の断層構造が変わったという見方が強まっている。

 韓国地質資源研究院のイ・ユンス博士は「今回の地震は簡単に言えば韓半島西側にある地殻プレートであるインドプレートと東側の太平洋プレートがぶつかって起こったと言える」と語った。地球は液体状態のマントルの上で巨大な陸地である地殻プレートが接し合っている状態になっている。両側から地殻プレートが押し合うと、弱い所が上下にずれるしかなくなる。その場所こそ今回地震が発生した地域にある牟梁断層と保寧断層ということだ。

 断層とは、外部の力を受けた陸地が二つに断裂してずれたもののことだ。今回の地震は東側の陸地が断層で西側の陸地の上に載って起こった。イ・ヨンス博士は「まず牟梁断層で地震が発生、続いて東側の梁山断層でも地震が起きたものとみられる」と言った。

 地質学界では「『韓半島は地震安全地帯だ』という固定観念を捨て、地震に関するシステムを全面的に再編すべきだ」という声が強い。今回の地震が発生した慶州一帯の梁山断層地域は過去にも地震が発生した記録がある。同研究院のソン・チャングク地震災害研究室長は「地震は、過去に地震発生の記録がある地域で再び発生するのが一般的だ。今回地震を起こした梁山断層はいつでも地震を引き起こす可能性がある活断層。これまでの分析では韓半島で起こり得る最も大きな地震はM6.5程度で、一部の学者はM7.0も発生の可能性があると考えてきた。ただ、いつ、どこで地震が発生するかについて予測するのは難しい状況だ」と語った。

パク・コンヒョン記者 , 李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/13/2016091300426.html 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】M5.8の地震、負傷者6人・被害102件・申告5万1000件! ⇒2ch「まぁ人命被害がなく良かったですね」(2016/09/13)
【韓国】全国を揺るがせた「地震の恐怖」 月城原発稼動停止 驚いた市民ら、マンションから飛び出す ガラス窓割れ、携帯電話一時不通(2016/09/13)
【画像】韓国南部でM5.8の地震、学校の運動場に避難した市民たち ⇒2ch「とりあえず辛ラーメンでも食って落ち着け」(2016/09/13)
韓国気象庁「M5.8地震、東日本大震災の影響で発生した」 ⇒2ch「は?」「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ」(2016/09/13)
【韓国】南東部でM5.8 観測史上最大規模の揺れ!驚いた住民の通報が1万件超え ⇒2ch「んで仮設住宅を作るのか?」(2016/09/13)
【韓国】南東部でM5.8の地震発生!(2016/09/12)