334874_2016091317034837d.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/09/13(火) 05:26:08.05 ID:
 韓国の海運最大手、韓進(ハンジン)海運が経営破綻したことを受け、貨物船の運賃が上昇するとともに、ライバル各社に新規顧客が流入する動きが出てきた。

 コンテナ海運世界最大手、マースクラインの東西ネットワーク担当責任者、クラウス・ルド・サイリング氏は12日までに電話インタビューに応じ、「運賃の市場で反応を目の当たりにしていることは間違いない。問題は長期的に運賃がどうなるかだ。短期的にはこの影響はプラスだが、中長期的に運賃に影響を及ぼし得る要因は数多くある」と語った。

 韓進海運がソウル中央地裁に法定管理を申請し、同社の一部の船が米欧やアジアで入港を許されず、海上で立ち往生する事態が続いていた。

 米破産裁判所は9日、連邦破産法15条に基づき、韓進海運が債権者による資産差し押さえを回避できる措置を取った。これにより、同社はカリフォルニア州ロングビーチ港での荷降ろしが可能になった。10日には筆頭株主の大韓航空の取締役会が韓進海運への600億ウォン(約55億円)の支援を承認した。

 サイリング氏は「当社のところに来ている顧客からは、安定したパートナーを求めているとの声が聞かれる。われわれのところに来ているのは、当社の財務が強いからだ」と語った。
 
(ブルームバーグ Christian Wienberg)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160913/mcb1609130500016-n1.htm 
 
=管理人補足=
ご参考までに。
google・excite翻訳です。意味不明な個所や読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
文字起こしからの翻訳です。
 
[Video C]パク大統領、決心したように韓進(ハンジン)海運に批判吐き出して Chosun Media
2016/09/12に公開
 
パク・クネ大統領が13日法廷管理(企業回復手続き)事態で最悪の物流大乱が広がった韓進海運を狙った高強度発言を吐き出した。

構造調整対象企業を支援して回復させるためには、経営の権限と責任がある主体が、先に骨を削る次女努力をして体質改善を行った場合にのみ、債権金融機関の支援が行われること。
最近懸案になっている韓進海運の場合、経営正常化のための自助努力が非常に不十分で、構造調整の原則により債権金融機関が資金支援が中断されて、今月初め裁判所は企業回生手続きがされました。
政府が仕方なく良くするほかはないという考えが、今回国内輸出入企業らに現実を良かったです。
韓進海運従業員と港湾業務従事者、そして海の真ん中でこのような事業状況にぶつかった多くの方々が困難を考えれば心が非常に重いです。