container-158362_640_20160913172446968.png 
(イメージです。)



1
:2016/09/13(火) 06:45:59.00 ID:
最近、韓国海運業界の不況のあおりを受けて運輸収支赤字が10億ドル(約1018億円)を越えたことが分かった。

12日、韓国銀行がまとめた国際収支統計によると、ことし1月から7月までの運送収入は152億2800万ドル、運送支払は162億3610万ドルと集計され、収支は10億810万ドルの赤字を記録した。

半期以上の期間で赤字を出したのは関連統計を取り始めて以来今回が初めてで、赤字規模も過去最大だ。

韓国銀行関係者は、世界的な需要減少と海運業界の輸出不振に伴う物流量減少の影響だとし、韓進(ハンジン)海運が法定管理(会社更生法に相当)に入って物流に大きな支障が出ている状況などを考慮すると、今後も赤字は続くだろうと予想した。
 
http://japanese.joins.com/article/594/220594.html 
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
1千700億必要だが確定は500億…答ない韓進(ハンジン)海運 聯合ニュースTV
2016/09/13に公開
 
[アンカー]
足止めをくった韓進海運船積み貨物のために世界各地荷主は地団駄を踏むのに解決速度がとてものろいです。チョ・ヤンホ韓進グループ会長の私財提出が確定したが、必要なお金に比べて用意されたお金は相変らず少ないです。
キム・ジョンス記者です。

[記者]
世界各地で人質に捕らえられた船舶と船積み貨物を置いて、政府と責任攻防を行った韓進グループが一歩遅れてチョ・ヤンホ会長の私財400億ウォン提出を確定しました。

[イムジョンリョン/金融委員長]
"チョ・ヤンホ会長が個人提出するという400億ウォンは今確定になり、調達されました。"

国会聴聞会に呼ばれ記載されて前大株主としての責任を感じているたチェウンギョン有数ホールディングス会長も先に私財100億ウォンを出すことにしました。

ところで問題はこの程度では解決がはるかに遠いということです。
韓進海運が負う商取引債権だけでも6千500億ウォン。船積み貨物荷役と処理にかかる費用だけでも裁判所推算1千700億ウォンに達します。しかし、用意されたお金はせいぜい500億ウォンなのです。

1千億ウォンを支援する韓進の負担分中600億ウォンは大韓航空からです。

ところで、この会社取締役会が三日間激論の末下した結論は、韓進海運ロングビーチターミナルを担保に握るということでした。

だが、このターミナルの韓進海運持分は54%、残りの株主同意も必要で、すでに設定された担保もあって容易ではない話です。成し遂げてもお金が不足しているので、政府も上手く行かない可能性が相当あると見ています。

[イムジョンリョン/金融委員長]
"(最終的に入ってくることは入ってくることのようです?) その可否も今大言壮語することはできません。"

船積み貨物は韓進が自分で解決しろとの政府。もうこれ以上は難しいという韓進。
その間に荷主の被害と韓国の信任度下落だけ深刻化しています。

聯合ニュースTVキム・ジョンスです。