76321521.jpg 
(イメージです。)

1
:2016/09/13(火) 16:26:12.67 ID:
2016年9月13日、韓国・YTNは、国宝級の文化財が集まる韓国の慶州で、韓国気象庁が観測を開始して以降、最大規模の地震が発生し、文化財の安全に赤信号がともっていると報じた。

慶州市と韓国文化財庁によると、慶州で12日夜に発生したマグニチュード5.1と5.8の地震により、国宝1744号に指定されている仏国寺大雄殿の屋根の瓦3枚が落下し、破損した。また、史跡172号に指定されている五陵外郭の塀の瓦の一部も破損した。

その他にも、国宝24号でありユネスコの世界文化遺産にも登録されている石窟庵の進入路では落石が発生し、復旧作業が緊急で行われた。慶尚北道の有形文化財に指定されている慶州郷校は壁面の一部が崩れた。

韓国の国立文化財研究所は今回の地震による文化財への直接的な被害はないとみているが、震動が文化財の内部に影響を与えた可能性があるとしている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「その程度の被害で済んだなんてすごい!」
 
「やっぱり慶州にある文化財は保存価値が高い」
 
「改めて私たちの先祖の技術力の高さに驚いた」
 
「被害がないと判断するのが早過ぎない?もちろん信じていないけど。詳しく点検するべき」
 
「文化財も大事だけど、まずは人が住む場所を点検するべきでは?」
 
「全て崩れた後に管理を始めるのではなく、事前に対策を取りまとめてほしい」
 
「約1000年前の建物は地震に耐えられたのに、なぜ僕の家は崩れた?政府は今回の被害も誰かのせいにするつもりか?」
 
Record china 配信日時:2016年9月13日(翻訳・編集/堂本)
http://www.recordchina.co.jp/a150257.html 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】観測史上最大の地震で大混乱!災害対応管理機関のサイトはダウン 韓国ネット「死んだ後に緊急メールが来そう」(2016/09/13)
【韓国】M5.8地震の余波 KTXに轢かれて作業員2名死亡、2名負傷 ⇒2ch「(゚Д゚)何で地震のせい?」(2016/09/13)
【韓国】韓半島で地震急増!M7級地震発生の可能性も ⇒2ch「分析するつもりはサラサラねえな」(2016/09/13)
【韓国】M5.8の地震、負傷者6人・被害102件・申告5万1000件! ⇒2ch「まぁ人命被害がなく良かったですね」(2016/09/13)
【韓国】全国を揺るがせた「地震の恐怖」 月城原発稼動停止 驚いた市民ら、マンションから飛び出す ガラス窓割れ、携帯電話一時不通(2016/09/13)
【画像】韓国南部でM5.8の地震、学校の運動場に避難した市民たち ⇒2ch「とりあえず辛ラーメンでも食って落ち着け」(2016/09/13)
韓国気象庁「M5.8地震、東日本大震災の影響で発生した」 ⇒2ch「は?」「( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ」(2016/09/13)
【韓国】南東部でM5.8 観測史上最大規模の揺れ!驚いた住民の通報が1万件超え ⇒2ch「んで仮設住宅を作るのか?」(2016/09/13)
【韓国】南東部でM5.8の地震発生!(2016/09/12)
 
=管理人補足=
該当のYTNです。
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
多宝塔つぶれて瞻星台(チョムソンデ)傾いて...文化財23件地震被害/ YTN (Yes! Top News)
2016/09/13に公開
 
[アンカー]
昨日夕方慶州で発生した強震で仏国寺(プルグクサ)多宝塔と瞻星台(チョムソンデ)など文化財23件がつぶれたり傾くなど地震被害をこうむったことが明らかになりました。

取材記者連結して詳しい状況調べてみます。 ユン・ヒョンスク記者!
今回の地震がおきた慶州は都市全体が博物館というほど、文化財が多い所ですが、地震で被害をこうむった文化財が多いと確認されたでしょう?

[記者]
昨日慶州で相次いで発生した地震と関連して文化財庁は今日慶州市とその一帯の文化財被害状況に対する緊急点検を実施したんですけれど、仏国寺(プルグクサ)多宝塔と慶州瞻星台(キョンジュチョムソンデ)など文化財23件が地震被害をこうむったことが明らかになりました。

被害をこうむった文化財は国宝と宝物など国家指定文化財が13件、試みで指定した文化財が10件です。最も被害が大きかった所は仏国寺(プルグクサ)に現れました。

日帝強制占領期間に修理した多宝塔の欄干一部が剥がれ、大雄殿の瓦何枚が破損するなど全5ヶ所で被害が確認されました

地震当時建物全体が大きくさまよった瞻星台(チョムソンデ)の場合、見かけには異常がなかったが精密計測結果、今回の地震で既存より北に約2cm傾いて上側精子席角が5cm程度広がったと分かりました。

石窟庵(ソックラム)は進入路の落石が落ちたことの他に幸い大きい異常はないと明らかになりました。

慶州郷校も壁体一部が流れ、オルンを囲んだ塀一部が破損する被害をこうむったことが明らかになりました。

文化財庁は今回の調査結果に基づいて被害にともなう緊急保守費23億ウォンを支援して早急な復旧を推進する計画です。

また、分野別専門家で特別安全点検班を構成して文化財安全点検を実施して、秋夕(チュソク)以後である20日からは大韓仏教曹渓宗(チョゲチョン)などと合同で地域文化財52件に対して文化財被害状況を点検することにしました。

今まで文化部でYTNユン・ヒョンスクです。