632123.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/09/16(金) 09:03:25.97 ID:
2016年9月14日、韓国・聯合ニュースによると、同日午後3時30分ごろ、ソウル鍾路区にある慰安婦像の近くで、直径1メートル、深さ30センチのシンクホール(陥没穴)ができた。

消防関係者は道路下の水道管が破損して周辺の土が下へ移動し、道路が陥没したものとみて調査を進めている。

同区役所関係者は「2日前に起きた大きな地震が水道管に影響を及ぼしたかどうかはまだ分かっていない。正確な原因を調べている」としている。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。
 
「朴大統領が掘ったのでは?」
 
「しっかりと道路を管理して。一体どこに税金を使っている?」
 
「韓国の議員100人分をはるかに上回るほどの大きな圧力を日本にかけてくれる大事な慰安婦像が…」
 
「危険なら別の場所に移そう。慰安婦像がシンクホールに落ちたら、韓国は世界中の笑い者になる」
 
「神様が慰安婦像を撤去しろと言っているのかも」
 
「手抜き工事が原因だ」
 
「修復工事のために慰安婦像を撤去するなんてことにならないよね?」
 
「これを機に慰安婦像を撤去しよう」
 
2016年9月16日(金) 8時20分
http://www.recordchina.co.jp/a150506.html 
 
=管理人補足=
google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
ソウル慰安婦少女像の前の直径1mの道路陥没 聯合ニュースTV
2016/09/14に公開
 
今日の午後3時30分頃、ソウル鍾路区婦少女像近くのホテル前に直径約1m、深さ30cmの大きさの地盤沈下が発生しました。

周辺の通りすがりの車両の運転者は、「慰安婦少女像の前にシンクホールが発生した」と申告したものと伝えられました。

鍾路グチョンチュクは、道路の下に埋め込まれた上水道管が破損され、周辺土壌が流さ下がって、道路が陥没したものと捉えました。

警察と鍾路区庁などは、正確な経緯を把握する一方、道路の一部を制御し、復旧作業を行っています。