9654147.jpg 
(動画サムネイルです。)



1
:2016/09/16(金) 08:33:55.34 ID:
機械翻訳

美、三星 'ギャラクシーノート 7' 公式リコール…100万台規模(総合)
連合ニュース記事転送 2016-09-16 06:23

CPSC "アメリカで 92件過熱事例"…三星 "大部分地域 21日以前入れ替え用製品準備"

(ワシントン=連合ニュース) キム・セジン特派員
 
アメリカ消費者製品安全委員会(CPSC)が三星電子のスマートフォン 'ギャラクシーノート 7'に対する公式リコール方針を 15日(現地時間) 発表した。

CPSCはこの日発表したリコール公知を通じて "9月 15日以前に販売された" この製品のリチウムイオン電池が "過熱されるとか発火する恐れがある"と "深刻な火事と画像危険"があると指摘した。

リコール公知内容を見れば三星電子はアメリカから今まで 92件の電池過熱事例を報告受けた。 これにより人がやけどをしたと知られた事例が 26件であったし、車両またはガレージで多様な火事が発生して財産被害が発生したと報告された事例は 55件であった。

CPSCはこのスマートフォンの使用者が "直ちに使用を中止して電源を消した後" 移動通信社または三星電子を通じて問題ない電池架装着された新しいスマートフォンで交換受けるとか払い戻しを受けることができると説明した。

去る 9日 'ギャラクシーノート 7'の使用中断を勧告した CPSCは今度リコール規模が約 100万台と付け加えた。

エルリオッカイェ CPSC 会長はリコール発表直後開かれた記者会見で "すべての消費者が直ちにリコールに応じてくれ"と頼んだ。

彼はアメリカで販売された 'ギャラクシーノート 7' の中約 97%がリコール対象であることに予想した。

アメリカで消費者保護のために設立されたしきりに政府器具である CPSCは危ない消費製品の使用を禁止して製品安全規格を用意するだけでなく市中で売る製品に対してリコール命令を下す業務を引き受けている。

三星電子も消費者に公式リコール措置によって使用中のスマートフォンを交換または払い戻してくれと頼んだ。

CPSCのリコール発表直後三星電子米洲法である三星エレクトロニクスアメリカ(SEA)はこの日新たに発表した公知を通じて "使用を中断して電源を消した後直ちに交換計画に応じる事は非常に重要である"と強調した。

来る 21日以前に大部分の販売経路を通じて入れ替えのための新しいスマートフォンが用意することができることで三星電子は予想した。

三星電子の主力スマートフォン製品群に属する 'ギャラクシーノート 7'は先月 19日公式発売開始された。

しかし先月 24日以後韓国とアメリカなど各地で 'ギャラクシーノート 7'を充電した途中過熱されたとか発火された事例が相次いで知られたし、結局去る 2日三星電子は電池欠陥を認定と販売中断はもちろんもう供給された約 250万台の 'ギャラクシーノート 7'を全量交換するという対応策を発表した。

チームバクスター SEA 社長はこの日発表した声明で "安全憂慮に対応するための自発的リコールの施行速度を早くするために CPSCと協力しているしこれは最大限早く既存 'ギャラクシーノート 7' 使用者が新しい製品で交換受けるようにするための事"と明らかにした。

http://news.nate.com/view/20160916n01505?mid=n1006 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】ギャラクシーノート7 製品名を「セーフティー」のSを入れたノート7Sに変えるべき! ⇒2ch「え?」(2016/09/16)
サムスンと韓国、危機的状況突入!爆発スマホで底なし損失拡大地獄か、米国の容赦なき制裁も(2016/09/16)
サムスンの「Galaxy Note7」、中国でもリコール!(2016/09/16)

 
=管理人補足=
ご参考までに。
excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
米、サムスン電子ノート7公式リコール発表...100万台推算/ YTN (Yes! Top News)
2016/09/15に公開
 
[アンカー]
アメリカ政府がサムスン電子ギャラクシー ノート7に対して公式リコールを要請しました。対象物量は100万台に達すると予測されます。
ワシントンでキム・ヒジュン特派員です。

[記者]
米国連邦政府機関である消費者製品安全委員会がサムスン ギャラクシーノート7に対して公式リコールを発表しました。9月15日以前に販売された製品のリチウムイオン電池が過熱されたり発火する恐れがあるという理由のためです。
 
したがってこのスマートフォンを購入した消費者は直ちに電源を消した後新しい製品で交換または、払い戻し受けろと勧告しました。対象物量は100万台に達すると予測されます。

[エリオット カイェ/米消費者製品安全委員会長:
先週にギャラクシーノート7を持つ消費者に電源を消せと話しました。 今日伝えようと思う言葉は携帯電話を購入したサムスン売り場でまっすぐ行ってリコールを受けるということです。]

今までアメリカでノート7の電池過熱事例は92件に達したと伝えられました。使用者が火傷をしたり大小の火災が発生したりもしました。

サムスン電子はアメリカ政府の公式リコール措置以後別も声明を発表して、使用中であるノート7を直ちに交換したり払い戻し受けろと強調しました。

チーム ペクスト サムスン電子ミジュ法人社長は"消費者の安全が最優先としながら迅速なリコール措置のためにアメリカ政府と協力している"と明らかにしました。

サムスン側は払い戻しはもちろんノート7を新しい機器で交換したり、ギャラクシーS7または、S7エッチで変えた後差額を返してもらうことができると説明しました。
これと共にノート7をサムスンの他の製品で交換した消費者には25ドル相当のプリペイドカードも支給することにしました。

アメリカ政府のノート7公式リコール措置が出てきた日、競争者アップルの株価は3%超えて上がって四日連続上昇しました。
当分サムスン スマートフォンのイメージだけでなく売り上げ打撃も避けられないことと見えます。

ワシントンでYTNキム・ヒジュンです。