台湾 
(イメージです。)


1
:2016/09/17(土) 20:55:15.47 ID:
蓮舫が“中華民国”籍を放棄を申請すれば放棄証明を受ける

外交部(外務省)は13日、日本民進党の蓮舫衆議院議員が中華民国籍を放棄を東京の台北文化経済事務所で申請すれば、直ぐにも放棄証明書を受けることが出来ると説明した。

父が中華民国籍の謝哲信さんである蓮舫議員が東京で記者会見を行い、今月の6日に同事務所で申請したが未だ放棄証明書を受け取っていないと発言したのを受けて、外交部が、申請の要式行為を済ませば放棄証明書を受けるのに問題は無い筈であると声明したのである。

蓮舫議員が15日の民進党主選挙に参選しているので、党内で質疑の声が挙がっていることから、要式行為を行ない、未だに証明証明書を受け取っていない。

母は日本人の斉藤氏である蓮舫議員は東京で生まれ、1985年に日本籍を取得した時に中華民国籍放棄の手続きを取ったが、その時は父の謝さんが東京の台北事務所が台湾語で担当館員と纏めたので、放棄証明書を受け取らなければならない規則があるのを知らなかったと記者会見で述べ、「自分は既に放棄したと信じていた」と強調した。

東京からの消息によると、蓮舫参議員が党首に当選する確率が高い。

ニュース分析  ソース:台北の新聞  2016.09.14
国民党ニュースネッワーク
http://www1.kmt.org.tw/japan/page.aspx?type=article&mnum=119&anum=15780