1235412.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/09/22(木) 06:28:15.11 ID:
ソウル中央地裁は20日、韓進(ハンジン)海運が物流大乱を防ぐことができなければ更生は難しくなる可能性もあるとの公式見解を出した。

これに先立ち、ソウル中央地裁は19日、海洋水産部や産業銀行、釜山(プサン)港湾公社、韓進海運などの関係者と緊急会合を開いた。

裁判所はこの会合で、韓進海運が法定管理(会社更生法に相当)に入ってから現在までの借金は約450億ウォン(約41億円)で、貨物荷役の遅延によって発生する傭船料と燃料費だけで一日に210万ドル(約2億1080万円)にもなると強調した。

裁判所はこのまま行けば更生は難しくなるとし、韓国政府と韓進海運に荷役問題から早期に解決するよう求めた。
 
http://japanese.joins.com/article/918/220918.html 
 
=管理人補足=
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
これは、9/22 07:30~08:30頃公開の動画です。
  
大韓航空、韓進(ハンジン)海運に600億支援…債権団も支援検討 聯合ニュースTV
2016/09/21に公開
 
[アンカー]
大韓航空が清算危機に追い込まれた韓進海運に遅まきながら600億ウォン支援を決めました。
このお金だけでは物流大乱解消が難しいが債権団も支援検討に出ると見られて韓進海運法廷管理3週ぶりに解決の糸口が見せています。
キム・ジョンソン記者です。

[記者]
大韓航空が緊急理事会を開いて一歩遅れて韓進海運に600億ウォンを借りて与えることに決めました。

去る6日チョ・ヤンホ会長の私財400億ウォンなど総1000億ウォンの支援計画を明らかにしたか、15日目に、当初要求した韓進海運の米国ロングビーチの貨物ターミナルではなく、今後発生する売上債権が担保です。
 
当初600億ウォンを責任負うた大韓航空の計画は、これまで何度も挫折しました。
不良企業のサポートは、株主に対する背任になることがある社外取締役の反対のためでした。

しかし、パク・クネ大統領まで出て韓進グループの無責任を批判し、裁判所まで荷役費など緊急な費用を解決できなければ清算に行くほかはないと警告すると、すぐに韓進も一歩遅れて支援を決めました。

【チェヒョンチャン/大韓航空広報]
"大韓航空は韓進海運法定管理に伴う物流大乱正常化のために、できるだけ早くサポートする予定です。"

問題は遅滞した支援決定せいで、物流大乱解消に必要な最小金額が当初裁判所が推算した1千700億ウォンをふわりと越えて、今回の支援だけで不足するという点ですが、韓進グループが誠意を見せて産業銀行など債権団が緊急資金支援に立ち向かう方案を検討する展望です。

【イムジョンリョン/金融委員長」
"(債権団緊急支援の可能性はありますか?)はい、まだ何...よく協議するでしょう。産業銀行と... "

韓進グループ全体の与信チェックカードまで抜いた政府と債権団の全方位圧迫韓進のサポートはなされることになりました。
今物流大乱解消のボールは再び政府と債権団に移るました。

聯合ニュースTVキム・ジョンソンです。