1:2016/09/22(木) 10:44:30.51 ID:
1512f718.jpg

2016年9月21日、新華網は「韓国『サムスン共和国』の危機」と題する記事を掲載した。

韓国のサムスン電子8月に発売した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリー発火によるリコール(回収・無償修理)問題は、同社史上最悪の信用危機問題に発展している。しかし、韓国国内にサムスンを批判するメディアはない。むしろ「雷にあたるぐらい珍しいこと」と持ち上げる動きすらあるぐらいだ。韓国人が「われわれの国はサムスン共和国だ。質の悪いメディアが悪意をもって報じているだけだ」と言う理由も分かるだろう。

韓国の国内総生産(GDP)の2割を掌握する巨大企業サムスン。創業から80年近く、徹底的な家族経営で拡大を続けてきた。2代目となる現在の李健熙(イ・ゴニ)会長の代になり、世界的な企業グループに成長した。しかし今年に入り、イ会長の女性問題が明らかとなった。過去に政府、司法、メディアなどと「特別な関係」を築いてきたサムスン。今回のギャラクシーノートのリコール問題に至り、さすがの韓国政府も危機感を抱くようになっている。
 
(翻訳・編集/大宮)
http://www.recordchina.co.jp/a150936.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【サムスン】次世代事業電撃売却!2千余名の役職員「虚脱状態」(2016/09/19)
【サムスン】シャープ全株式を売却!競合の鴻海傘下入りで資本提携解消 ⇒2ch「一気に現金化の話ばっかりになったな」(2016/09/15)
【サムスン電子】プリンター事業、HPに1兆ウォンで売却!(2016/09/15)
 
【サムスン】米国 「ギャラクシーノート7」公式リコール 100万台規模!(2016/09/16)
 
【サムスン】Galaxy Note 7に別のバッテリー問題が浮上!突如バッテリーが0%になり停止 ⇒2ch「ゼロか爆発かw」「もう何が何やら訳分からん」(2016/09/17)
【米国】フロリダ州在住の男性、サムスン電子相手取り訴訟!「ギャラクシーノート7」発火で大やけど(2016/09/17)