1:2016/09/23(金) 10:45:03.09 ID:

韓国軍が「韓国製の名品兵器」と宣伝してきた韓国型機動ヘリ「スリオン」(KUH1)=写真=が、今年初めに米国で実施された結氷テストを通過できず、第一線部隊への納品が全面ストップしていることが22日までに確認された。

既に実戦配備されたおよそ50機の安全が問題になるのはもちろん、今後の量産や輸出にも大きな支障を生むこととなった。

韓国国会の国防委員会に所属する与党セヌリ党のイ・チョルギュ議員が最近防衛事業庁(防事庁)から入手した資料によると、スリオンは昨年10月から今年3月にかけて、米国ミシガン州で「機体結氷テスト」を受けた。

気温5度からマイナス30度という低温多湿な環境で、スリオンの飛行の安全性を確認する試験だった。その結果、エアインテーク(空気取り入れ口)などに許容値を超える氷(100グラム以上)が付いてしまう着氷問題が見つかった。

エンジンメーカーのゼネラル・エレクトリックによると、こうした氷がエンジンに吸い込まれた場合、エンジンのブレード(放射状に取り付けられたたくさんの羽根)が破損し、エンジンがきちんと動かなくなる。冬場のじめついた環境におけるスリオンの機動能力は、不合格判定を受けたわけだ。

このため韓国国防部(省に相当)と防事庁は最近、スリオンを作っている韓国航空宇宙産業(KAI)に対し、納品中止の指示を出した。

こうした状況にもかかわらず、KAI側は「今回の結氷試験は、零下数十度の低温と、氷ができやすい非常にじめじめした環境の下で行われた。不適合判定を受けはしたが、冬場にさほど寒くならず、乾燥している韓半島(朝鮮半島)で運用する分には問題ないだろう」とコメントした。

一方、航空気象庁の関係者は「韓国では、霧が多い初冬(11-12月)や初春(2-3月)に高度600-900メートルでヘリの着氷現象が起こる。ヘリの運用部隊を訪問して、着氷関連の相談を行っている」と語った。

また陸軍本部も着氷を懸念して、スリオンの使用教範に「着氷が起こったら、速やかに当該地域を離脱すること」という内容を書き込んだことが確認された。
 
2016/09/23 09:42
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/23/2016092300880.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/23/2016092300880_2.html

>>2に続きます。
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】軍が国産ヘリの運用を制限!原因は輸入部品の欠陥 韓国ネット「純国産機だったはずでは?」「何一つまともに造れない」(2016/07/11) 
【韓国軍】韓国製の最新型軍用ヘリ「スリオン」 機体に亀裂見つかるも運用続行! 韓国ネット「技術力の差は耐久性に出る」【韓国軍】韓国製の最新型軍用ヘリ「スリオン」 機体に亀裂見つかるも運用続行! 韓国ネット「技術力の差は耐久性に出る」(2016/05/10)
【韓国軍】国産機動ヘリ「スリオン」の機体フレームに亀裂!軍が調査に着手 ⇒2ch「養生テープ貼っておけば大丈夫だよ」(2016/05/09) 

 
=管理人補足=
KAI KUH-1 スリオン(KAI KUH-1 수리온);
韓国航空宇宙産業が国防科学研究所、韓国航空宇宙研究院、ユーロコプター(現:エアバス・ヘリコプターズ)と共同で開発した汎用ヘリコプターである。

開発費は1兆2,996億ウォンで、54%にあたる6,980億ウォンを防衛事業庁、30%にあたる3,927億ウォンを産業資源部、16%にあたる2,089億ウォンを国内外の参加企業がそれぞれ分担している[4]。韓国政府はこのヘリコプター開発事業に18万人の雇用創出と7兆~8兆ウォンの産業への波及効果を期待しており[4]、240機を生産予定である。
2012年より本格生産に入っており、構成部品の内60%を韓国国内で調達している[6]。大韓民国陸軍や韓国警察のほか、民間型や法執行機関向けの派生型を開発予定である。運用に入ってからは80%以上の稼働率を達成している。
名称の「Suri」は韓国語で鷲、「on」は「100」を意味しており、スリオンはその2つを組み合わせた造語である。
 
wiki:https://ja.wikipedia.org/wiki/KAI_KUH-1_%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3