1:2016/09/24(土) 05:23:30.14 ID:
ec9f4e80.jpg
韓進海運は保有するコンテナ船の一部を売却する可能性が高い Photo: Associated Press

 経営破綻した韓国の韓進海運は、債権者に少しでも多く弁済してから事業を清算するため、最も価値のある保有船舶の一部を売却する可能性が高い。事情を知る複数の関係者が明らかにした。

 関係者らによると、まずは現代商船が韓進の所有するコンテナ船37隻を吟味する。中でも最大の1万3000TEU(20フィートコンテナ換算)級の4~5隻に注目しているという。

 だが1隻当たり約9000万ドル(約91億円)の購入費用を現代商船が調達できるのかどうかは不明だ。

 関係者の1人は「現代商船が最初に韓進の船舶を選べる」とし、「大型のものを望んでいるが、政府や(主要債権者の)韓国産業銀行の金銭的な後ろ盾に大きく左右されるだろう」と述べた。

http://jp.wsj.com/articles/SB10616159211553144711104582331891147408670 
 
=管理人補足=
excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
ユ・イルホ"10月末まで韓進(ハンジン)海運船舶90%荷役終わらせること" 聯合ニュースTV
2016/09/23に公開
 
ユ・イルホ副総理兼企画財政部長官は"10月末まで韓進海運コンテナ船の約90%が荷役完了して事態が解決局面に入ることになるだろう"と展望しました。

ユ副総理は今日(23日)釜山新港で開かれた海運業系関係者たちとの懇談会で"もう少し速度感あるように事態を解決していく必要がある"としてこのように明らかにしました。

荷物をおろすことが出来なかった集中管理船舶29隻は拠点港湾で柔道と国内復帰中である33隻は来月末まで釜山(プサン)港背負うことをおりて他の倍に変えてのせるようにするということです。

また、裁判所には韓進海運が荷役費をまず支払えるように協力を要請する方針です。