d5b0d53d_201609252019282a5.jpg 
(スレ内の画像です。)


1
:2016/09/25(日) 10:48:16.40 ID:
 韓国南東部が同国観測史上最大のマグニチュード(M)5・8の地震に見舞われた。幸い犠牲者は出なかったが、韓国は「地震安全地帯」だと信じられてきただけに、多くの国民がパニックに陥った。朴槿恵(パク・クネ)大統領の肝いりで創設したにもかかわらず、警報一本出すのにも手間取った担当省庁に批判が集中。逆に、日ごろは安倍晋三政権に手厳しい韓国メディアが日本政府の震災対応を手本として持ち上げた。日本製防災グッズを買い求めたり、東京都が作成したハングル版防災マニュアルをダウンロードしたりする動きも広がっている。

■「北の核実験の余波だ」悲鳴上げ飛び出す人々

 「韓国も地震の安全地域でないことが確認されたため、行政力を総動員し、ゼロベースで地震対策をしっかりつくり、迅速に実行しなければならない」

 韓国の聯合ニュースによると、朴槿恵大統領が20日、相次ぐ地震の震源地に近い南東部、慶州(キョンジュ)市を訪れ、抜本的に震災対策を見直すようこうハッパを掛けた。

 慶州市では12日夜にM5・1と5・8の地震が相次ぎ発生。余震も300回以上続き、19日夜にもM4・5の余震が起きた。これまでに48人が負傷し、4千件以上の建物被害が報告されている。

 慶州は新羅時代の古都として知られ、一帯の史跡が世界遺産にも登録されているが、国宝の天文台「慶州瞻星台(チョムソンデ)」や仏国寺の「多宝塔」なども破損が確認された。

 震源地に近い月城(ウォルソン)原子力発電所の4機も基準に従い、地震による初の稼働停止を行った。
 
 観測史上最大の地震としては、被害は最小限にとどまったが、大きな揺れをほとんど経験してこなかった韓国国民にとって、心理的ショックは大きかった。

 各地で人々が悲鳴を上げて高層マンションなどから飛び出し、消防や警察への通報は、12日夜だけで4万件以上に上った。

 「世の中が崩れ落ちるかと思った」という声が聞かれ、地震後の不安から、頭痛や吐き気などの症状を訴える人が全国で続出しているという。

 韓国でこれまで地震が全くなかったわけではないが、「誰もが『まさか』という思いでやり過ごしてきた」と韓国紙、朝鮮日報は社説で指摘し、今回、「その『まさか』が通用しないことを誰もが痛感した」と論じた。

 「北の核実験の余波だ」

 北朝鮮が5回目の核実験を強行した3日後だったこともあり、地震直後にはこうした臆測も飛び交った。

■セウォル号事故受け創設の巨大機構は「無用の長物」?

 韓国国民が不安に駆られた最大の理由は、政府から発信される情報の不足にあった。

 特に、地震を市民に知らせる携帯電話の緊急メールが、発生から9分後にようやく届いたことに、「政府は一体何をしているのか」といった不満が向けられた。

 ソウルなど首都圏でも揺れが観測されたが、中央日報によると、通信量の急増による送信エラーから首都圏の住民はメールを受け取れなかったという。猛暑時には1日に何本ものメールが配信されてきたのに、肝心な場面で機能しなかったのだ。
 
 所管するのは、大規模事故や災害に一元的に対応するため、2014年11月に新設された省庁「国民安全処」だ。しかし、同処のホームページ(HP)は2時間以上にわたってつながりにくい状態が続き、同処のフェイスブックに発生から約50分後に表示された「余震などに注意してほしい」とのメッセージには「本当に危機的状況なら国民は既に死んでいる」などとコメントでいらだちがぶつけられた。
以下ソースにて
 
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160925/wor16092509200006-n1.html
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160925/wor16092509200006-n2.html
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160925/wor16092509200006-n3.html
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160925/wor16092509200006-n4.html
http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160925/wor16092509200006-n5.html