1:2016/09/29(木) 07:57:06.16 ID:
ada7aef2.jpg
中国・上海郊外にある製鉄所。鉄鋼価格上昇で中国の過剰生産設備削減に遅れが生じている(ブルームバーグ)

 鉄鋼価格の上昇に伴い、中国政府が打ち出した生産削減目標がほごになりそうだ。中国は2月、鉄鋼生産能力の最大13%の削減目標を発表した。その後、鉄鋼価格がほぼ12年ぶりの低水準から反発し、世界の鉄鋼の約半分を生産する中国が増産に向かう大きな要因となった。価格反騰は供給が細るとの観測が原動力になった。半面、それに伴う利益率の改善が停止していた製鉄所に再稼働を促した。鉄鋼生産は2016年に急増し、過去最高水準を記録する見通しだ。

 生産能力を今後5年間で1億5000万トン削減する目標を達成できない場合、損失が広がる鉄鋼業界にとっては問題だ。中国からの輸出が過去最高水準に近づき、欧米やインドの規制当局は、国内市場保護に報復関税を課している。中国の鉄鋼生産者は大半が地方政府の所有で、ゾンビ企業と呼ばれる競争力のない製鉄所は中国経済の足かせとなったままだ。

 招商期貨のアナリスト、趙超越氏(深セン在勤)は先週、電話インタビューで「生産能力の削減は今年、大規模にはならないだろう」と述べた上で、「鉄鋼業者は依然、利益を出しており、設備稼働率は高水準だ。政府が一段と厳しい管理を実施し、高い利益を上げる工場の一部が閉鎖されれば、数年後に進展が見られるかもしれない」と指摘した。

 改革の試みは現在、スケジュールより遅れている。生産能力を4500万トン削減する今年の目標に対し、中国国家発展改革委員会によると7月末時点で2100万トンの削減にとどまった。このため、取り組みの一層の加速が求められている。ブルームバーグ・インテリジェンスによると、今年の鉄鋼価格の上昇で利益は50%増加し、一部の鉄鋼業者は製鉄所の閉鎖に消極的だ。

 ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のシニアエコノミスト、ジェラード・バーグ氏によると、問題の一端は、地方政府が労働者の雇用を維持し、利益率を確保するため生産を増やすことにある。鉄鋼価格上昇で一部の遊休設備が稼働を始めたとも指摘した。
 
(ブルームバーグ Jasmine Ng)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160929/mcb1609290500016-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160929/mcb1609290500016-n2.htm 
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
中国製造業が直面する苦境、それはまさしく「身から出たさび」(2016/09/24)
鉄鋼ダンピング巡り中国がニュージーランドを脅す!「農産物を調査すれば報復」(2016/09/22)
【中国経済】工業企業約34万社のうち「ゾンビ企業」が2万7000社に!製鉄業では51・4%に達する(2016/08/01)
【中国経済】工場が各地で次々と倒産、製造業が抱える問題とは・・・(2016/07/20)