f860ece76b40358eb43625bdfdd0e016_s[1] 
(イメージです。)


1
:2016/10/06(木) 18:56:24.47 ID:
 8月末に経営破綻した韓国の海運会社「韓進海運」が扱う空コンテナ約900個が神戸港に滞留し、神戸市が対応に苦慮している。

 今後さらに約100個増える見通しで、市は約1500万円をかけて港内の3か所に集積させているが、市の担当者は「いつまで保管すればよいのか見通しが立たない」と困惑している。

 コンテナ取扱量で世界7位の韓進海運は8月末、ソウル中央地裁に法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請。負債総額は約5兆ウォン(約4500億円)に上り、世界各地の港で荷役を拒否するなどのトラブルが起きている。神戸港では貨物は受け入れているが、本来なら荷降ろしした後に別の荷を積んで搬出されるコンテナが、破綻による業務停止でたまる一方に。別の海運会社が韓進のコンテナを持ち込むケースもあり、既に約900個が滞留。今後、約100個が増える見通しという。
 
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161006-OYT1T50101.html