1:2016/10/06(木) 20:22:10.15 ID:
ca98650a.jpg
▲台風18号(アジア名:Chaba)により、釜山・海雲台のマリンシティーは大きな被害を受けた。/写真=海雲台区の公式ツイッターより

 台風18号(アジア名:Chaba)の影響で、釜山を代表する高級マンション街「マリンシティー」に大きな被害が出た。そうした中、台風の被害がひどくなった原因は、住民が防波壁を拒否したからだという主張が持ち上がっている。

 釜山広域市海雲台区庁は2012年、台風に伴うマリンシティーの浸水被害を減らすため、高い防波壁を設置しようと計画した。しかしすぐさま、一部の住民が「海が見えない」と陳情して、防波壁設置計画を白紙にしたという。

 これについて海雲台区庁の関係者は「台風に備えて高さ1.8メートルの防水壁を設置する計画だったが、近隣マンションのテナントなどから『周辺の景観が隠れて観光客が来ない』という陳情があり、1.3メートルまで低くして設置した」と説明した。

 実際、マリンシティーの入居者代表連合会は2012年、「防波壁を作ったら歩道や商店1階のカフェから海が見えず、防波壁の設置で眺望権を害することには反対」と、壁の設置に反対したと伝えられている。

 しかし住民の反対の中でも、自然災害に対する懸念や問題提起が続いたことを受け、釜山市は今年8月、国費および市費など655億ウォン(現在のレートで約61億円)を投じて超大型海上防波堤計画を進めると決定した。

 一方、5日の台風18号の影響で、マリンシティーは浸水被害を受けた。中でも、歩道のブロックは紙のようにばらばらになり、商店の被害が大きいという。

 波が防波堤を越えて道路を襲い、歩道ブロックはかなりの部分が破損した。一部の建物の地下駐車場にも海水が流れ込み、多数の乗用車が水に浸かった。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/06/2016100602218.html

関連スレ
【台風18号】台風で釜山、海雲台 超高層高級マンション'マリンシティ'海水氾濫…あちこち浸水[10/5] [無断転載禁止]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475649950/
【韓国】台風で浸水した釜山・マリンシティー、「マンションで魚捕まえた」との声も [10/05]©2ch.net
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1475655374/
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国・台風18号】日本に向かうはずでは?台風予想が大外れの韓国気象庁に政界やネットから批判! ⇒2ch「気象庁へ謝罪と賠償?」(2016/10/06)
【韓国】台風18号「チャバ」の影響で南部の都心が焦土化!マンション襲ったダムの水害で住民死亡「避難放送なかった」(2016/10/06)

【動画】台風18号で釜山、海雲台 超高層高級マンション「マリンシティ」海水氾濫 あちこち浸水!(2016/10/05)

 
=管理人補足=
昨夜(10/5)公開の動画です。ご参考までに。

google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
翻訳元(同じ動画):파도에 난타당한 마린시티…"쓰나미 오는 줄" 송성준 기자  입력 : 2016.10.05 20:17|수정 : 2016.10.05 21:50 출처 : SBS 뉴스

波に乱打されたマリンシティ…"津波くること" 
ソン・ソンジュン記者 入力:2016.10.05 20:17|修正:2016.10.05 21:50
出処:SBSニュース

<アンカー>
海岸道路を走った自動車が突然押されて近づいたとても大きい津波性波に巻きこまれるくらっとした状況もありました。 超高層建物が密集した釜山(プサン)、海雲台(ヘウンデ)マリンシティが今回の台風に大きい被害をこうむりました。
ソン・ソンジュン記者です。

<記者>
10mを超える山ほどの波が海岸道路を襲います。
運行中だった乗用車が波に巻きこまれてあっちこっち押し込まれます。
波は休みなしに防波堤と防水(放水)壁を越えてきて海岸道路はもちろん超高層建物の間道路まで飲み込みました。

釜山(プサン)の海岸ごとにあたかも津波が集まったように道路なのか海辺の道なのか識別しにくいほどです。
勢いよく固め打ちする波に直撃弾を受けた海岸周辺商店街は廃虚になるようにしました。
飛んできた歩道ブロックに商店街ガラス窓はめちゃめちゃになったし食卓と椅子など什器類は肺ゴミになりました。

[被害店の店主:
私の石(店)後まで転がり来て店長体が挟まって死ぬと思いました。]

波に傾いて歩道ブロックが取られていってインドはすべてペコンとへこんだし車道も爆撃を受けたように土砂で覆いかぶさりました。
波に巻きこまれた乗用車は超高層建物花壇の上に押し込まれて発見されました。
特に満潮時間帯と重なって海水位が高まって被害がもっと大きかったです。

[被害乗用車運転者:
津波規模の波が巻きこまれる時車が紙のように飛ばしながら波に浮かび上がって花壇にあたって1,2回程度強打がありました。]

釜山(プサン)、松島(ソンド)海水浴場海岸道路も事情は同じこと。
車両一台が押し寄せる波にタジタジ後進します。
だが、波は速い速度で近づいてこの状況を目撃した住民たちは運転者の安全を心配します。

[目撃住民:
あの後にも車がくる。 水が…. マアどうして…. どうして…. はやく行ってください。]

だが、台風が差しせまってくる当時海岸道路に対する交通統制や待避案内放送はなくて災難対策は相変らず空しいスローガンに終わっています。