1:2016/10/19(水) 00:35:17.05 ID:
0a9316b7.jpg
写真は政府世宗庁舎の模型。

2016年10月17日、韓国・ニュース1などによると、韓国の行政首都として中央官庁の一部が移されている世宗市の政府世宗庁舎が、その屋上庭園の規模によりギネスブックに登録された。

政府世宗庁舎は08年12月着工、14年12月まで6年をかけ建設された、延べ床面積63万平方メートルに及ぶ建物。連なる15棟の建物を橋で1つにつなぐ、「連道形」と呼ばれる風変りな形式だ。政府は建物完成後、この屋上に長さ3.6キロ、面積7万9194平方メートルに及ぶ世界最大規模の屋上庭園を造成した。庭園には樹木やハーブ、薬用植物など218種117万本余りの植物が植えられ、「ススキの道」「野草の道」など庭を巡る道も整備された。

建物に入るのは教育部や雇用労働部といった中央機関だが、庭園を訪れる観光客は14年7500人、昨年1万1000人と増えている。

報道を受け、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せているが、普段批判の対象となりがちな政府・公務員の「朗報」を皮肉る声が目立つ。

「世界で一番よく働く公務員としてギネスに載ったのかと思ったよ。広大な屋上庭園という世界で一番いい環境で働いているくせに、あの程度の仕事しかできないというのがギネス級だな」
 
「国民の血税でお遊びか」
 
「仕事もしないで庭園散歩で時間をつぶしてるんだろう」
 
「悪口を言われるのは分かってるのに、なぜこんなものを造ったのかな?」
 
「事前予約で1日50人しか入園できないらしいじゃないか。国民の税金で造ったなら国民に開放すべきだろう。国民のための行政なのか問いただしたい」
 
「国が腐敗すればするほど、派手になり巨大になるものがある」
 
「造成に税金をいくらつぎ込んで、これからの維持管理にいくら使うの?」
 
「世界最大に何の意味があるんだよ…ふざけてる」
 
「こんな小国に世界最大・最高がなぜこんなに多いんだ?その分仕事をしてくれよ」
 
「自慢することがなさ過ぎて、どうでもいいものを自慢し始めた」
 
(翻訳・編集/吉金)
http://www.recordchina.co.jp/a152879.html 
 
=管理人補足=
ギネスに登録されたとの動画ニュースもありましたが、申請時のニュース動画の方が映像が良かったのでこちらをご紹介します。ご了承下さい。
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
[TJBニュース]世宗庁舎屋上庭園ギネスブックに挑戦!
2016/05/04に公開
 
【アンカーコメント】
政府世宗(セジョン)庁舎屋上は各部署が長く続いた空間について巨大な庭園を成し遂げて長官ですが、
3.6kmに達して世界最長の長さで知られ世界最大屋上定員でギネスブック登載を控えています。
キムセボム記者です。

【記者】
国務総理室など15部署がくねくねと楕円形で長く続いた政府世宗(セジョン)庁舎。
低い丘陵地形態の屋上定員で長さ3.6kmに、面積がソウル ワールドカップ競技場の11倍に達する7万 9千 194㎡に達します。

草花類と各種木々を合わせれば218種117万元の植物が棲息する巨大な人工の森です。

5月なら派手な色の花が満開で名前らしいということを精一杯誇ります。
 
▲インタビュー:バクスンジュ/行政都市建設庁公務員
- "直接歩くから花もとても美しくて麦が美しかったんですよそれで一人で見ることは本当に惜しい光景だったことのようです。 業務ストレスもたくさん解けて"

政府が世宗(セジョン)庁舎屋上定員を世界的名所で作るためにギネスブック登載に出ました。

国内で最も大きかったソウル カドゥンパイブの3.2倍、ヨーロッパ最大であるスウェーデン エムポリアショッピングモールの2.9倍で世界最大規模です。

記録認証のためにギネス側に実測資料と映像物を提出して検証と審査が進行中で7月中に有力です。

▲インタビュー:チ・ペヒョン/政府庁舎管理所制度係長
- "世界記録指定に必要なすべての資料を送っておいた状態でギネス ワールド側で私どもが送った資料を検討した後異常がなければ2-3ヶ月後面良い結果あると期待しています。"

ただし、制限的な開放が障害物です。

3-6月、9月-12月にドアを開けて訪問時間も平日午前10時と午後2時2回に過ぎないうえに、常時利用が可能な公務員と違い一般人は1回50人だけ2時間の間見回すことあります。

国際的名所を指向するが、政府庁舎のセキュリティー問題が相当な負担なのです。