963522.jpg 
(動画サムネイルです。)

1
:2016/10/27(木) 12:06:37.47 ID:
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から演説文や国政に関する内容の報告を事前に受けていた朴氏の知人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏が、保秘の必要がある外交案件まで事前に報告されていたと、韓国のケーブルテレビ局・ JTBCが10月26日、報じた。

JTBCによると、崔氏は、2013年の初め、日本の安倍晋三首相が派遣した特使団との会談に先立ち、準備された9枚分のシナリオを事前に受け取っていた。

この文書には、額賀福志郎・衆院議員など日本側メンバーが発言すると想定された内容や、「独島(竹島)に言及した場合、微笑を見せるだけにすること」といった文言が書かれていた、崔氏は会談の9時間前に文書を受け取っていた。

また、この文書には、慰安婦問題や、靖国神社に放火したとして日本側が引き渡しを求め、韓国が拒否していた中国人に関する決定など、外交懸案が含まれていた。

崔順実氏が受け取っていたのは、これだけではない。セヌリ党側がリストアップした中国特使団の推薦議員名簿も派遣の1週間前にもらっていた。

さらに、ダボス会議に派遣するメンバーの推薦文書も事前に見ていたが、この文書には人物評も含まれていた。

JTBCは、崔氏が外交関連の文書を修正して朴大統領に最終的に送ったかどうかは確認できなかったが、高度の機密保持が求められる外交文書が外部に流出しただけでも、外交問題に発展する可能性があると伝えた。
 
2016年10月27日 11時41分
http://www.huffingtonpost.jp/2016/10/26/park-geun-hye-japan-diplomacy_n_12665674.html 
 
=管理人補足=
excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
"国土部開発計画文書もあらかじめ受けて"...情報知って売買疑惑/ YTN (Yes! Top News)
2016/10/27に公開
 
[アンカー]
チェ・スンシルさんが自身が所有した土地付近の開発計画も事前に受けてみた情況が捉えられました。
大統領演説文事前流出に続き敏感な開発計画までもチェさんに入ったという疑惑が提起されて波紋が続いています。

キム・テミン記者の報道です。

[記者]
京畿道(キョンギド)、河南市(ハナムシ)にある2階建物です。
去る2008年、チェ・スンシルさんが買いとった建物で、当時価格は土地を含んで34億ウォンでした。
そして昨年4月、約18億ウォンの利益を見た後この建物と土地を処分しました。

[地域住民:
昨年に売ったでしょう? 昨年に売りました、昨年に….]

ところでチェ・スンシルさんが使った事務室でこの地域に対する国土交通部開発計画文書が発見されたといった言論が報道しました。

去る2013年国土部で作られた報告書には京畿道(キョンギド)、河南市(ハナムシ)、渼沙洞(ミサドン)地域が複合生活体育施設候補地に追加される安易検討されることで出ています。

チェさんがこの地域の土地を所有した時期と一致するが、あらかじめ開発計画を受けてみたことで疑えるような項目です。

国土部は事実把握に出ました。

[国土部関係者:
完全に確定する前に初期に検討して変わったことのようでまだ内容を確認しているところです。]

この計画は当時施行段階で取り消しになって、地域地価上昇には大きい影響を与えることができないと確認されました。

しかし民間人身分であるチェさんが敏感な開発関連政府計画まで受けて投資に活用しようとしたのではないかとの疑惑が大きくなっています

YTNキム・テミン[tmkim@ytn.co.kr]です。