8554.jpg 
(動画サムネイルです。)


1
:2016/10/31(月) 15:49:31.64 ID:
http://www.sankei.com/world/news/161031/wor1610310025-n1.html

 31日午後3時ごろ、韓国・ソウル中央地検に出頭した朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)氏は、濃紺の帽子とネッカチーフのような布で顔を覆った姿で、待ち構えた大勢の報道陣の前に現れた。

 両脇を関係者に抱えられた崔氏は、初めは報道陣の多さに驚いた様子を見せていたが、次第に嗚咽(おえつ)したように口に手をあて、表情をゆがませた。多数のマイクやICレコーダーを顔の前に突き出され、猛烈なフラッシュを浴びた崔氏は、報道陣に対し「死んで償うほどの罪を犯しました。国民の皆さん、許してください。申し訳ありません」とコメントした。

 現場には朴政権に批判的な市民グループとみられる十数人が居合わせ、「朴氏は下野せよ」「法に基づいて処罰しなければならない」などと書かれたプラカードを掲げて、何かを絶叫していた。中には手錠の形を模したプラカードを掲げた人の姿もみられた。
 
=管理人補足=
スレ内にも動画がありますが、ご参考までに。
google・excite翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
 
「非線形実勢」チェスンシル検察の調査の中で/ YTN(Yes!Top News)
2016/10/31に公開
 
<アンカー>
チェスンシル氏は3時間前に検察に出席して今調査を受けています。

特別捜査本部に出ているYTN中継車の接続して今調査の状況と検察の出席状況について詳しく説明します。ホンソンギ記者!

前チェスンシルさんの出席状況をビデオを通して見たんです。現場がかなり複雑でした。
ホンソンギ記者も直接見たはずなのにどうでしたか?

<記者>
ここでは、実際に大変な混雑でした。
画面で見ただろうが、取材人ごみ万200人余りが超えました。
さらには、市民団体の一部のデモ隊まで集まり、大きな混雑が起きました。

チェスンシル氏が出席し、フォトラインに立とうとしたが、オンキながらデモ隊の古城と取材陣の古城がオンキゴチェスンシル氏は取材陣に言葉を準備したができず入りました。

チェスンシル氏は、この過程で靴が外れたりしていた特定のブランドの名品靴なので非難に上がることもしました。

現場には国内メディアだけでなく、NHKとアラブのメディアアルジャジーラまで様子を表すもので外信も国内の現実に対して、多くの状況に関心を表出した。

<アンカー>
チェスンシル氏は、今どこでどのような調査を受けていますか?

<記者>
チェスンシル氏は今、特別捜査本部があるソウル中央地検の建物で調査を受けているが、刑事8部で先に調査を受けています。

刑事8部はチェ・スンシルさん事件を初めて配当を受けた部署ですが。
以後に特捜1部と清州(チョンジュ)1部の一部検査まで投入になったがひとまず刑事8部で先に調査を受けています。
各チームの検査が持ち回りで調査をする予定です。

関連疑惑に捜査チームが異なるため、調査は時間がかかると思われます。

一度疑惑が演説流出疑惑とドイツの資金流出疑惑があり、また、梨花女子大学に関する不正入学疑惑があるので、捜査チームごとにチェスンシル氏に対して確認すべき事項があります。

ので、今日の調査はかなり時間がかかると思われます。

<アンカー>
ゴヨウンテさんの場合を見ると、2泊3日の調査もありました。
チェスンシルさんが今夜に帰宅する可能性もありますか?

<記者>
可能性は開かれています。
しかし、先に述べましたがチェスンシル氏相手に調査すべき内容が大幅に多い。

検察はこれと関連してもチェスンシルさんが今日帰らない可能性があるのか​​については、確答はせずに戻らないようにすると、事前に教えてくれ、こう言いました。

そして、緊急逮捕の話も出てきていますよ。
これに対して検察は正確に話をしていません。
ただし、検察が被疑者の身分でも参考人でも召喚をしたら、48時間の中に返しボネジュォヤます。

ためチェスンシルさんが明後日の午後まで調査を受けて緊急逮捕される可能性もありそうでない場合があります。

ただし、変数はチェスンシルさんの健康です。

チェスンシル氏は昨日入国した後方今日出席するまで弁護人を通じて複数回メディアと検察に健康状態が良くないと訴えて来たんです。

調査中にも健康状態を理由に病院での治療を必要とする場合、予想より早く調査を中断して出てくることができている可能性もあり見えます。

これに関連して、弁護人李ギョンジェ氏は、神経安定剤を服用している、このように話をしました。

チェスンシル氏が健康が良くないことを複数回訴えている様子です。

<アンカー>
チェスンシル氏の弁護人である李ギョンジェ弁護士が記者会見をしました。
娘のチョンユラ氏に関する話もしましたよ?

<記者>
一度李ギョンジェ弁護士は精油と氏はしばらく韓国に入って来ないことを確認しました。
チョンユラ氏の素材については、確認して与えることができないと明らかにした。

チェスンシル氏は、ドイツに滞在ことが知られているが、英国を介して帰国をしましたが、チェスンシルさんと一緒に移動したと思われるチョンユラ氏が英国に移動をしたか、ドイツに滞在かどうか、またはまた、第3の場所に移動をして潜伏をしているのか確認をしてくれませんでした。

チェスンシル氏が入国後にどこに滞在した後、検察に出席したのかについても李ギョンジェ弁護士は正式に確認していませんでした。

ただし、ソウルにあったと昨日明らかにした以上、今日はソウル市内にあったことまで確認をしてくれました。

しかし、第3の場所でチェスンシルさん目撃したという話が出てきており、この事実は確認が必要になります。

<アンカー>
捜査する疑惑が多くなり、検察捜査チームがまた拡大がくらいですか?

<記者>
はい。捜査チームが第三の拡大をしました。

捜査チームが最初に割り当てられたのは、刑事8部だったが後に検査を2人追加で投入したが、特殊1部全体の投入しながら、特別捜査本部が設けられました。

ところが、今回は先端犯罪捜査1部合流をしながら、今は以前に銃剣中央捜査部の規模で捜査チームが拡大になりました。

どうしても関連疑惑が多くに応じて主要な被疑者たちとともに召還される風に調査を同時にしなければなら捜査人材を多く必要とするため、これを考慮したものとなります。

ので、関連の核心疑惑を受けているアンジョンボム前青瓦台政策調整シニアやジョンホソン前の部品秘書官もすぐに召喚なって調査を受けることになります。

これまでソウル中央地検でYTNホンソンギです。