termination-110301_640_20161102231754979.jpg 
(イメージです。)


1
:2016/11/02(水) 10:02:50.51 ID:
韓国経済の至る所に赤信号がともっている。

輸出低迷の中でも善戦し、景気を下支えしてきた消費と建設投資も不振だ。9月の小売売上高は4.5%減少し、過去5年7カ月で最大の減少幅を記録。

増加してきた建設投資もマイナスに転落した。経済の三大軸である生産、投資、消費がいずれも不振に不振に陥る「トリプルマイナス」の状況となった。

家計債務が急激に膨らみ、一時回復したかに見えた輸出も2カ月連続で減少した。

専門家の多くは供給過剰状態の建設部門が下り坂に向かい、経済成長率は2%台も死守できなくなると予想している。

こうした中、「崔順実(チェ・スンシル)問題」で国政がまひした。ただでさえ政府の経済リーダーシップが問題だったが、求心点すら消え去った。韓国がこれまで経験したことがない状況と言える。企業経営者の多くは今後どうなっていくのか分からないと語っている。

現在世界経済の環境は思わしくない。不景気が1929年の世界恐慌の時期よりも長引くとの見方もある。しかし、経済状況は国ごとに異なる。困難な条件下でも比較的善戦している国もある。その差は結局、経済を率いるリーダーシップだ。

米国はオバマ大統領の経済チームが思い切った量的緩和で真っ先に金融危機の後遺症を脱した。今年第3四半期の成長率が予想を上回り、金融引き締め(利上げ)に向かう可能性が高まった。

日本は20年間の長期不況の泥沼を脱し、活力を取り戻した。これも安倍首相の強く一貫したリーダーシップのおかげだ。安倍首相の支持率は60%を超える。欧州の懸念材料だったスペインも一時620万人に達した失業者数が430万人にまで減少し、危機を脱した。

一方、韓国経済は正反対に敗者の道を歩んでいる。過去5%前後だった成長潜在力は低下し続け、今や2%台だ。このままでは経済体力が枯渇する。この困難な状況で大統領のリーダーシップが空白になってしまった。

現実的に経済の司令塔としてリーダーシップを発揮すべき人物は柳一鎬(ユ・イルホ)副首相だけだ。柳副首相が前面に出て、懸案に対処し、危機を乗り切らなければならない。

しかし、現在柳副首相をはじめとする経済チームの重みや役割は期待以下だと言わざるを得ない。何をしたいのか存在感が薄く、必須課題でも前進ぜきずに時間を浪費している印象だ。

現在の経済チームが構造調整のように論議を呼ぶことが避けられない問題について、やむを得ない決断を下せと注文するのは難しいことも事実だ。経済危機と国政まひが重なれば向かう先は明らかだ。韓国はその道を歩んでいる。

何らかの非常の措置が求められる。今後の政治状況によって現在の経済チームがどうなるか不確実だ。しかし、現時点では柳一鎬チームが国家代表だ。できることとできないことを分け、できることには何がなんでもしがみつき、面倒を見なければならない。誰もそれについて何も言わないはずだ。

破綻企業の状況がさらに悪化し「ゾンビ」とんり、国民経済に大きな災いをもたらすことを防がなければならない。家計債務と不動産景気の間で困難な政策調整にも取り組まなければならない。

そのためには、中核となる経済チームで構成する非常対策機関を立ち上げ、国民に国政がまひしても、経済政策は生きているという事実を示す必要がある。多くの国民がそんなメッセージを心待ちにしている。政治問題は政治で収拾すればよい。しかし、経済は一度崩壊すれば容易に収拾できない。

日本のような技術大国も下り坂からはい上がるのに20年かかった。今は経済チームが命懸けで働くしかない。
 
2016/11/02 09:29
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/02/2016110200799.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/02/2016110200799_2.html