network-889346_640_20161108165710fe3.jpg 
(イメージです。)

1
:2016/11/08(火) 11:23:46.73 ID:
韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実容疑者の国政介入疑惑を受けた政府の人事刷新で、国民安全庁長官に内定している朴昇柱・元女性家族省次官(64)が、宗教的な行事を行ったり、著書で「瞑想で前世を体験した」などと主張したりしたと伝えられ、国会などで8日までに資質を懸念する声が相次いだ。

朴大統領は、新首相候補に指名した金秉準氏も野党に「一方的人事だ」と反対されており、人事を巡る新たな悪材料となりそうだ。

聯合ニュースによると、朴昇柱氏は精神世界に関する団体の幹部を務め、5月にはソウル中心部の光化門広場で歴史上の祭事を再現する行事を進行、国の安寧を祈るシャーマニズムの行事などを行った。

2013年の著書では「地球上で47回、別の姿で生きてきた」などと主張し、魂や瞑想など精神世界について説いている。

産経(共同)
http://www.sankei.com/world/news/161108/wor1611080017-n1.html 
 
=管理人補足=
ご参考までに。
※全文はリンクよりご覧下さい。
 
【CNN.co.jp】韓国大統領、首相ら3人の交代を決定(2016.11.02)
>朴槿恵(パククネ)大統領は2日、首相と経済副首相、国民安全処長官を交代させる方針を固めた。
>経済副首相には任鍾龍(イムジョンリョン)・金融委員長、国民安全処長官には朴昇柱(パクスンジュ)氏が決まった。
>朴大統領のスキャンダルを受け、これまでに高官4人を含む側近らが次々と辞任している。
 
少し見難いですが、↓に朴昇柱氏の画像がありました。リンク先は画像を拡大したページです。
記事を読まれる場合には、画像の上にある青いボタン(このニュースへ)をクリックして、ご覧下さい。
【サンスポ】韓国は人事でまた悪材料…長官候補が宗教行事、著書で「瞑想で前世を体験した」と主張(2016.11.8)