韓国 
(イメージです。)


1
:2016/11/08(火) 12:13:16.42 ID:
韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領は、長年の知人や側近らが逮捕された事件で窮地に立たされる中、8日午前、事態の打開に向けて国会議長と会談し、野党側の主張を受け入れて、先にみずからが指名した新しい首相の人事案を撤回する考えを示しました。

韓国のパク・クネ大統領の40年来の知人で女性実業家のチェ・スンシル容疑者をめぐる一連の事件では、チェ容疑者のほか、大統領府の前の政策調整首席秘書官のアン・ジョンボム容疑者や、前の付属秘書官のチョン・ホソン容疑者が逮捕されており、検察は、今月中にもパク大統領に対する事情聴取に踏み切ると見られています。

窮地に立たされているパク大統領は、7日、野党に近いキム・ビョンジュン氏を新しい首相に起用することへの理解を得ようと、与野党の代表に対し、会談を呼びかけましたが、野党側は、一方的な首相人事案の撤回などを求めて拒否しました。

事態の打開に向けて、パク大統領は、8日午前、国会を訪れてチョン・セギュン議長と会談し、韓国メディアによりますと、大統領は、国会で与野党が協議してキム氏に代わる人物を推薦すればそれを受け入れ、先にみずからが指名した新しい首相の人事案を撤回する考えを示しました。

今週末には、ソウルなどで再びパク大統領の退陣を求める大規模な抗議集会が予定されていて、大統領は首相人事案をめぐって野党側への譲歩を余儀なくされたものと見られます。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010759681000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004