korea-96623_640_20161114090748290.jpg 
(イメージです。)

1:2016/11/13(日) 12:01:16.70 ID:
崔順実(チェ・スンシル)氏による国政介入疑惑を捜査する検察が早ければ今週末にも朴槿恵(パク・クネ)大統領を調査することを検討していることがわかった。

現職大統領に対する検察調査は憲政史上初めてだ。

検察が13日に明らかにしたところによると、検察特別捜査本部は崔氏の拘束期限が満了する20日を前後して朴大統領を調査する案をめぐり検討している。

調査方法は検察庁舎ではなく別の場所を定め訪問調査する案が有力に議論されている。青瓦台(チョンワデ、大統領府)訪問調査案も検討されている。

書面調査も検討されているが批判世論が負担だ。悪化した民心を考慮し召喚調査も選択肢のひとつに浮上しているが、現職大統領に対する礼遇などの次元から現実性は高くない。

検察は近く青瓦台と細部調査日程と方法などの調整に入る計画だ。

現職大統領の調査が史上初めてのことだけに慎重にアプローチするという基調の下ですべての可能性を開けている。

大統領は憲法上の不訴追特権があるが、検察では青瓦台の文書流出、ミル財団・Kスポーツ財団への強制募金疑惑の実体を究明するには直接調査は避けられないという立場だ。

法曹界は「朴大統領の調査は崔順実疑惑捜査で最後のパズルをはめ込む作業。

検察も負担になるだろうが捜査の成否を左右する事案で退くのも容易ではないだろう」と予想する。
 
2016年11月13日11時37分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/553/222553.html?servcode=200§code=200&cloc=jp|main|breakingnews