電車 地下鉄 

1
:2014/05/04(日) 12:46:41.70 ID:
(ハングルの原文を機械翻訳した後、記者が微修正)

[アンカー]
 以前、制動性能が基準に達していない不良ブレーキ数十万個が鉄道公社に 納入されたというニュースをJTBCが単独で報道しました。しかし、検察が列車だけでなく、 街の地下鉄にも不良ブレーキが納品されたと見て捜査を拡大しています。記者が単独報道します。

[記者]
 列車ブレーキ納品不正を捜査中の検察が「地下鉄にも性能が達していないブレーキが納品された」という陳述を確保しました。今回の地下鉄2号線の追突が不良ブレーキのせいかもしれないという話です。

【イ・ユンソク/国会国土交通上記(新しい政治連合)】
 「庶民が乗る地下鉄・セマウル号・ムグンファ号に不良ブレーキが装着されていました。徹底的に調査して、鉄道の安全性の問題が起こらないように...」

 検察は先月16日、金品を受けて不良ブレーキの合格証を発行した韓国鉄道技術研究院所属のクォン責任研究員など8人を裁判に渡しました。
 クォン研究員が合格証明書を4年以上操作したが、監督機関である国土交通省は、事実を掴んでいなかった。

【韓国鉄道技術研究院の関係者】
 (ブレーキ認証)が試験をクォン研究員一人でしていましたよ。(彼が引き受けてから)、4年少し過ぎたぐらいですか。2010年からとすれば。

 現在、国内の列車のブレーキメーカーは全部で10社。この中の4社が数十万個の不良ブレーキを売却しました。
 検察はしかし、問題のブレーキが複雑な流通経路で販売されて正確にどの列車に装着されたのかは把握しておらず、これにより、事故の再発防止のためにも、政府が直接不良ブレーキの回収に乗り出すべきという指摘が出ています。

tbc 2014-05-03 19:33
http://news.jtbc.joins.com/html/340/NB10474340.html