野球 

1
:2014/05/08(木)11:03:53 ID:
警察庁は 8日、最近プロ野球の観客が競技場に乱入したり選手に暴力を振るう事件が次々と発生した事により、競技場周辺での暴力行為を徹底的に捜査すると明らかにした。

警察は観客の競技場乱入や汚物投てき、試合進行の妨害行為を含む選手や審判への暴行などが発生した際、目撃者の確保と収集資料を入手して司法処理を行う方針だ。また、球団と施設の運営者など共に競技場内の犯罪脆弱地域に対する点検を行う計画だ。

これは最近野球場などの競技場で、選手団と審判を相手に暴力を振るう事件が次々と発生した事による措置だ。

先月30日に光州(クァンジュ)で行われたプロ野球の試合中、審判の判定に不満を抱いた30代の男が競技場に入って1塁審判にヘッドロックをして暴行を加えた事件が発生した。

光州球場では今月1日、観客が携帯バーナーでイカを焼いて火災を起こしている。

今月5日には仁川(インチョン)でプロ野球の試合後、酒に酔った30代の男3人が選手団のバスに乗り込み、暴力を振るって検挙されている。

ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=032&aid=0002474342