シンガポール  

1
:2014/05/10(土)13:29:10 ID:
英メディア・BBCは先日、シンガポールの一部賃貸住居において「インド人と中国人お断り」
との情報が記載されていると報道。インド国内で民族差別論争が起こり、シンガポールの賃貸情報サイトが釈明のうえ情報を削除する事態となったと伝えた。

シンガポール最大の不動産ポータルサイトにアクセスすると、確かに「中国人お断り」と記載された物件が299件、「インド人お断り」物件が1865件存在した。

現地の有名不動産会社マネージャーは「定期的に掃除をしないし、油やカレー粉を大量に使うインド人と中国人に部屋を貸したがらないのは、至って普通のこと」と語った。また、オーナーたちは部屋を又貸しされるのも心配しているという。

90%のシンガポール人が「マイホーム」を持つ現地では、賃貸物件は主に外来者向け。移民によって生活コストや不動産価格が値上がりしているとの不満もあるようで、「多民族国家」の意識から公共分野では目立った人種差別がない同国でも、個人的な部分では差別があるようだ。

南洋理工大学の専門家は、賃貸物件での差別が生じる背景として、低所得者の経済能力への不安、中国人による部屋の又貸し、移民増による現地住民の生活コスト増大などがあると指摘した。

(編集翻訳 城山俊樹)

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/381617/