テレビ 

1
:2014/05/16(金) 00:58:48.46 ID:
民放キー局5社の2014年3月期連結決算が15日出そろった。
番組の間に流す「スポット広告」が好調で、日本テレビホールディングスやテレビ朝日ホールディングスなど3社は営業増益。テレビ東京ホールディングスは最高益だった。消費増税前の駆け込み需要もあり、企業の広告出稿が好調だった。

 ただ、「タイム広告」収入では明暗を分けた。同日決算発表したフジ・メディア・ホールディングスは視聴率低迷によりタイム収入が減少。営業利益は16%減の315億円だった。TBSホールディングスも3%の営業減益だった。

 15年3月期は全社が増収を見込むが、営業利益の増加を計画するのはフジHD、TBSHD、テレ朝HDの3社にとどまる。「駆け込みの反動減が出て、通年の広告需要の動向を保守的にみている」(日テレHD)という。

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNZO7127337015052014000000