1:2014/07/21(月) 10:03:22.61 ID:
■ 水冷麺の冷たさとビビン冷麺の辛さを同時に

(写真)
bf143731.jpg  
f5cbe6e6.jpg  79e5255a.jpg 

農心(ノンシム)は最近、水冷麺の冷たさとビビン冷麺の辛さを同時に味わえる『台風冷麺』を
発売して、夏の麺市場を攻略した。


『台風冷麺』は一つのタイプで画一化されている既存の市場で、二つの冷麺の長所だけを混合して新しい味を創造した独自の製品。『台風』というブランドは、冷たいトンチミ(大根水キムチ)味と辛いヤンニョム(調味料)味が口の中で台風のように吹き荒れるという意味と同時に、伝統冷麺の限界を飛び越えた冷麺の新しい風という意味で付けられた。

『台風冷麺』は国産大根で漬けたトンチミの肉汁に唐辛子粉と国産リンゴ、梨などを醗酵熟成
させた辛いタレを加えて作られた。麺は蕎麦とジャガイモのでん粉を練りこんで長く伸ばし、風で乾燥させた乾麺タイプで、粘りが強くて強くてコシがある。大根、大根の葉、赤唐辛子、チェシムなどの薬味を入れて味も一層豊かにさせた。

農心は『台風冷麺』の本格的なマーケティングのため、アイドルグループBEASTのユン・ドゥジュンと子役俳優のキム・ソヒョンを広告モデルとして前面に出した。

一方、既存製品である『トンジ冷麺』も味とデザインを改善して、リニューアル発売した。
『トンジ冷麺・水冷麺』は、梨と大根で漬けたトンチミの肉汁を使用してさっぱりとしていて、『トンジ冷麺水冷麺』は、梨をたっぷりと入れて赤唐辛子を直接挽いて作ったビビンジャンを低温で熟成させた、さっぱりとした味が特徴だ。

農心の関係者は、「最近、冷たいビビン麺とトンジ冷麺の味とデザインを改善して、台風冷麺を本格的に発売したのは、夏季の麺類市場を一歩先に先行獲得するという戦略」とし、「ビビン麺のメミル蕎麦、冷麺に至るまで業界最多の夏季商品群で、今年1年で400億の売上げを達成する」と話した。

ソース:NAVER/日刊スポーツ(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=241&aid=0002232080