韓国 経済 

1
:2014/08/05(火) 11:09:16.50 ID:
韓国の外貨準備高 13カ月連続で過去最高更新

 【ソウル聯合ニュース】
 韓国銀行(中央銀行)が5日発表した7月末現在の外貨準備高は3680億3000万ドル(約37兆7470億円)で、前月末に比べ14億8000万ドル増加した。昨年7月から増加が続いており、13カ月連続で過去最高を更新した。

 今年に入り外貨準備高は215億7000万ドル増え、昨年通年の増加幅(194億9000万ドル)を超えた。

 韓銀は先月外貨準備高が増加した理由として、外貨資産の運用収益の増加を挙げた。ただ、6月の増加幅(56億ドル)に比べると、勢いは衰えた。同月はユーロ高でドル換算額が増加したが、先月は対ドルでユーロが1.8%下がったため。一方でウォン・ドル相場に対する外為当局の介入が減ったという分析もある。

 外貨準備高の91.2%を占める有価証券は7月末現在3355億9000万ドルで、前月より6億5000万ドル減少した。預金は21億8000万ドル増の217億2000万ドル。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は2万ドル、IMFリザーブポジションは3万ドル、それぞれ減少した。金保有は昨年2月から変動がなく、47億9000万ドルだった。

 韓国の外貨準備高は6月末現在、世界7番目の規模となっている。1位は中国の3兆9932億ドルで、日本(1兆2839億ドル)、スイス(5568億ドル)、ロシア(4783億ドル)と続いた。

聯合ニュース 2014/08/05 08:42
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2014/08/05/0500000000AJP20140805000100882.HTML