1:2014/09/01(月) 23:20:57.24 ID:
(画像)
80fd14cd.jpg  

 中華民国の陸軍が米国から購入した、AH-64E攻撃ヘリコプター(愛称:アパッチ、米国先住民のアパッチ族に由来する)第4陣6機が29日、台湾南部の高雄港に到着した。契約によると、米国側は今年年末以前にすべてのアパッチヘリコプターを台湾に引き渡すべき。軍は2017年にアパッチヘリコプター隊を正式に編入する予定。

 陸軍は、米国にAH-64Eアパッチ攻撃ヘリコプターを30機発注、米国側は5回に分けてそれを中華民国軍に引き渡す。
 残りの6機は、今年年末に計画通りにすべて台湾に到着しても、関連の人員やパイロットの養成計画があるため、軍への編入は2017年になると予測されている。

 なお、軍が米国に発注した、UH-60ブラックホークヘリコプター60機のうち、15機は内政部空中勤務総隊に移管される。
 軍用機である、ブラックホークヘリコプター第1陣は今年年末以前に台湾に到着する予定。

Radio Taiwan International 2014-08-30
http://japanese.rti.org.tw/news/?recordId=10537