神戸牛 肉 食品 
(画像は神戸牛です。)

1
:2014/09/05(金) 14:35:07.73 ID:
「和牛」目指し、40年の努力と意地で生み出した「名品韓牛」

 自身の韓牛肉を自ら「名品」と呼んだ。今年の秋夕(チュソク、中秋)を前に、3キロ120万ウォン(約12万円)の肉のセットを出した。ソウルの一流ホテルで販売する牛ヒレ肉・胸肉・チェクッ(背後ろの肉)・霜降り肉・ブチェサル(肩ロースの一部)などのギフトセットだ。100グラムで4万ウォン、昔の言い方で表現すれば一斤(600グラム)で24万ウォンだ。普通の1++等級の韓牛よりも3倍以上高い。単にホテルで売るという理由で高いのではない。同じ部位・同じ肉質の肉は、彼が直接運営する販売場でもそれに劣らぬ価格をつける。

 全羅北道井邑市(チョンラブクド・チョンウブシ)のオソングリーン農場のキム・サンジュンさん(59)。彼は40年前、高校卒業直後に韓牛を育て始めた。祖先が突然亡くなって受け継いだ牛1頭がその第一歩だった。キムさんは「最初は運が良かった」と当時を振り返った。融資を受けて小牛を買おうとする頃、小牛の値が暴落した。育てて売って利益を残しては飼育頭数を増やした。10年余りで100頭を超える牛を育てることになった。

 「その時は肉質には特に気をつかわなかった。そのうちに日本に行ってみて和牛が韓牛の10倍以上の価格だというのに衝撃を受けた」。

 戻ってくるやいなや「名品韓牛づくり」に腕をまくった。本を探して専門家にも会った。日本だけで40回以上行き来して秘訣を探ったという。

 とりあえず全国を回って血統の良い雌牛を求めた。政府が提供した韓牛種(精子)で妊娠させて種子を改良した。肉質は明らかに変わった。肉の中の最高等級である1++が占める割合が70~80%に達した。20%前後である通常の農場の4倍だった。

 「目標を達成したわけではない。ほかの牧場で育てた1++の肉と同じ価格になるだけで、名品扱いされるわけではないから」。

 15年間、大学の農業過程に通って飼育のコツを学んだ。飼料は有機農の青麦を発酵させたものに変えた。これを食べさせた韓牛肉は、体内のコレステロールを下げる機能があるという話を聞いだからだった。

 2008年には井邑(チョンウプ)に肉加工センターを設けた。処理後にどのように熟成させるかによって肉の味が変わるためだった。自ら会得して特許まで出した秘法で熟成させようという目的だった。「幸福ハヌ」というブランド名を付けて販売拠点をつくり、こうして生産した肉を販売した。一般に1++等級の韓牛の2倍以上の価格にした。

 「最初は売れなかった。口には出さないけれども『まともな精神状態か』というようだった。それでも『名品のプライドを守らなければならない』という思いで値段は下げなかった」。

 時が流れて、味わった人々が2~3倍の高値を払って「幸福ハヌ」を買うようになった。噂を聞いてホテルからも訪ねてきた。肉を味わい、韓牛農場と加工センターまで見て回って契約をした。2009年に初めてホテルを通じて3キロ100万ウォンの韓牛セットをリリースした。ホテルでは「幸福ハヌ」ではなく、ホテル側が付けたブランドを使っている。

 キムさんは2年前、国内に2人だけの「韓牛名人」になった。今は800頭余りの韓牛を育てて一年に約80億ウォンを売り上げる。農大を卒業した29、27の2人の息子も一緒に働く。キムさんは「『幸福ハヌ』は、牛肉の味を左右するオレイン酸の含有量が日本の和牛に劣らない」として「次の目標は世界市場で和牛並みの扱いを受けること」と話した。

中央日報日本語版 2014年09月05日14時04分
http://japanese.joins.com/article/772/189772.html