軍事 潜水艦 
(イメージです。)

1
:2014/09/12(金) 11:10:06.06 ID:
韓国海軍、新型潜水艦に「柳寛順」命名の方針

 韓国海軍が今後導入する計画の新型潜水艦に、三・一運動などで知られる女性独立運動家・柳寛順(ユ・グァンスン)の名前を付ける方針であることが11日、分かった。

 軍消息筋は同日、「最近、韓国史教科書で柳寛順烈士(国のために闘った人物)に関する
記述がないと問題になっていることに関連、愛国心を奮い立たせるために海軍が新型潜水艦に柳寛順烈士の名前を付けることにした。現在建造中の214級(1800トン級)潜水艦と、2020年以降に建造する3000トン級の重潜水艦のどちらに命名するかはまだ決まっていない」と語った。

 海軍は2018年までに合計9隻の新型214級潜水艦を建造する計画だが、7月に進水した「尹奉吉(ユン・ボンギル)艦」を含め、現在まで「孫元一(ソン・ウウォンイル)艦」「安重根(アン・ジュングン)艦」「金佐鎮(キム・ジョアジン)艦」など5隻が独立烈士などの名前を取って実戦配備されている。3000トン級の重潜水艦は韓国海軍が初めて独自建造する大型潜水艦で、射程距離500キロメートル以上の艦対地巡航ミサイル「天竜」などを搭載できると言われている。3000トン級の重潜水艦は今後6隻が建造される予定だ。これまで海軍艦艇には世宗大王艦(イージス艦)など主な王・将軍・烈士・地名などの名前が付けられている。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2014/09/11 23:02
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/11/2014091104339.html