1:2014/09/23(火) 21:50:23.55 ID:
 S Korea eyes night street race for 2016

(画像)
1e64f710.jpg  

 韓国は、F1ワールドチャンピオンショップに再び挑戦しようとしているが、今回プロモーターは、2016年、韓国の首都の中心で市街地ナイトレースを開催することで、シンガポールの成功を見習おうとしている。

 韓国の代表団は、シンガポールGP週末の間、バーニー・エクレストンと話し合いを続けており、エクレストンは韓国側の提案に好意的であるようだ。契約が締結されれば、市街地のナイトレースは2つめとなり、象徴的なマリーナ・ベイのライバルになるだろう。

 シンガポールを訪れていた韓国の代表団は、2010年から2013年まで霊岩で開催された韓国GPの主催者、韓国オートバレー・オペレーション(KAVO)とは無関係である。

 KAVOのF1レースは、2億ドル(217億円*)近い累積赤字に苦しみ、今年のカレンダーから脱落した。

 エクレストンが会談した韓国チームは、KAVOの霊岩へのF1誘致に重要な役割を果たしたチョン・ユンチョが率いていた。最初のレースが赤字に終わると、KAVOは翌年1月、CEOだったユンチョを解雇した。

 チョンに近い情報源は、韓国はソウルの市街地でのナイトレースを提案しているという。その情報源は「チョンはバーニーに市街地コースのレイアウト案の印刷物を見せたところ、バーニーが気に入った」と述べた。

 「彼らは開催権料について話し合っており、2016年にソウル中心部でレースをすることで暫定的に同意した。シンガポールはピット・ビルディングを建設するのに1年かからなかったので、チョンは彼のチームも同じ期間で建設できると自信を持っている」

 情報源は、霊岩に比べると、ソウルにおける市街地レースは、開催料がかなり安く、チケット販売率もよいだろうと続けた。霊岩のトラックは建設費が2億6,000万ドル(282億円*)かかったが、4年間入場者数が少なかったため、負担が大きすぎた(ソウルから高速列車とシャトルバスで4時間の距離がファンにとって最大の障壁だった)。

 シンガポールGPは毎年、約1億5,000万シンガポール・ドル(128億円*)のコストがかかり、F1による観光収入の増加分は年間1億シンガポール・ドル(85億円*)である。

 情報源は「シンガポールGPのビジネス・モデルは魅力的であり、ソウルでも同じことができれば、レースを観戦するために人々はチケットを買うだろう。バー二ーとチョンが同意すれば、今回は韓国でも成功すると思う」と述べた。

-Source: Today Online
F1通信 2014年09月23日
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51958422.html
元記事
http://www.todayonline.com/sports/motor-racing/s-korea-eyes-night-street-race-2016

関連スレ
【F1】2014年F1から韓国GP“脱落”…開催権料めぐり決裂[12/05]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386210622/l50
【F1】エクレストン「韓国には戻りたくない」: かわりにアゼルバイジャンがF1開催[05/09]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399641541/l50