アジア大会 
(イメージです。)

1
:2014/09/24(水) 23:27:28.00 ID:
2014仁川(インチョン)アジア競技大会組織委員会(以下、組織委)が大会序盤に問題になっていた未熟な運営に対して謝罪し、再発防止を約束した。

組織委は24日、仁川市延寿区(ヨンスグ)に設けられたメーンプレンスセンター(MPC)記者会見場でデイリーブリーフィングを行い、各種の事態に対して釈明を行った。2002年釜山(プサン)大会以降12年ぶりに韓国で開かれた同大会は、序盤からさまざまな不備が現れて国内外メディアから叱責を受けている。

組織委はまず、一部ボランティアメンバーおよび行事進行スタッフの不適切な行動に対して頭を下げた。最近あるメディアはビーチバレーボール会場に配置されたボランティアメンバーがカードゲームに興じている場面を公開した。カバディ種目の運営支援スタッフも大会進行は二の次にしたまま賭けをしてイメージを失墜させた。

これに対して組織委は「ビーチバレーボールのカードゲームは高校生3人が遊び次元で行っていたもの」と釈明し、「大会運営スタッフの服務指針を違反して身分剥奪措置を取った」と説明した。続いて「カバディ支援スタッフは連盟の推薦を受けた大学生だ。連盟に再発防止とともに交替などを要求した」と伝えた。

外信記者の不満が続出しているメディアビレッジ行のシャトルバスに対しても補強を約束した。チェ・カンファン輸送部長は「本日より午前7時から正午、午後10時から午前0時30分まで運行しているバスの間隔を30分から10分に短縮した。万一、利用できなかった人々の緊急状況に対処するためにバン3台を常時待機させる」と伝えた。

国際大会で重責を担っている通訳専門ボランティアスタッフの数は日ごとに減っている。当初選抜された運営専門スタッフ500人余りのうち100人近くが中途離脱したことが分かった。組織委が選抜過程で掲げた条件を履行していないというのが主な理由だ。一部の競技場ではすでに通訳スタッフ不在に苦しめられている。

イ・イルヒ企画事務次長はこれに対して「通訳スタッフの待遇改善に関してはスタッフを選抜した部署が別途ある。担当団長を通じて糾明する」と言葉を慎んだ。

一方、組織委によると、現在までの入場券販売額は合計217億ウォン(約22億7000万円)と集計された。入場券販売目標額350億ウォンに130億ウォンほど足りていない。イ事務次長は「政府と仁川市、組織委が代案づくりのために奔走している」とし「今後、サッカーや野球などの球技種目で観衆が満杯になれば目標額にかなり近づけると思う。すでに釜山大会の販売額を超過するなど、これまでの大会より実績は出ている」と自評した。

ソース:中央日報日本語版<アジア大会>組織委「未熟な運営をお詫び…シャトルバス補強する」
http://japanese.joins.com/article/507/190507.html

関連スレ:
【仁川アジア大会】選手村に侵入者、弁当に菌、通訳70人以上辞任…運営不始末続出[09/24]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1411552724/