1:2014/09/25(木) 20:10:52.77 ID:
(画像)
20539bbf.jpg  

 中国メディア・騰訊体育は24日、韓国で開催中の仁川アジア大会で同日までに行われた馬場馬術の試合で、韓国側が試合中にかける音楽で何度も他国の選手と馬の演技を妨害していた可能性があると報じた。

 馬場馬術では音楽に合わせて演技を行うが、中国人審判によると、馬は“肝っ玉”が小さく、試合中の音楽の大きさ、また、突然音楽をかけるといった行為があっても演技に影響が出てしまう。この種目では日本、韓国、台湾が強く、音楽による妨害は日本選手に対してよく行われていたという。

 報道によれば今回の試合では中国の華天選手も影響を受けた。演技が始まった後、馬は緊張していていくつかの動きで点数が低くなってしまったという。中国選手は韓国が故意に妨害した可能性があるとして、映像による確認を望んでいる。

(編集翻訳 恩田有紀)
Xinhua.jp 2014年09月25日
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/396279/