1:2014/11/03(月) 15:04:25.93 ID:
 2014年10月30日、英紙ガーディアンは、「『垂直都市』幻想にとりつかれる中国」と題し、中国の超高層ビルの建設ラッシュをめぐる状況について伝えた。

 9月末、高層ビルの計画・運営などに関する国際NPO「高層ビル・都市居住協議会(Council on Tall Buildings and Urban Habitat、本部・イリノイ工科大学)」の年次会議が上海で開催された。上海での開催は2年前に続き2回目。協会CEOのアントニー・ウッド氏は「建築設計や技術の面で、多くの重要な出来事が中国で起きている」と語る。

 現在中国政府は都市化を推進しており、各地で超大型都市の建設ラッシュが起こっている。その特徴は超高層ビルと秩序なき拡張だ。来年竣工する上海タワー(632メートル)は世界第2の高さになる予定。上海だけでなく蘇州、深セン、武漢など各地で超高層ビルの建設が相次いでいる。20年には世界の超高層ビルの高さランキングトップ10のうち、6つが中国と
なると言われている。

 超高層ビル建設に対する法の整備や規制について何か学べる教訓は?と思うところだが、現在の中国では環境をめぐる市民の反対運動が起きることなど想像もできない。超高層ビルは商業的利益だけでなく、地方の名声も高めることになるからだ。

ソース(人民網) 
http://j.people.com.cn//n/2014/1103/c204149-8803624.html

写真=上海タワー
69c1380f.jpg
d745f6b3.jpeg
243274fb.jpeg
acd63912.jpeg
be2a18c6.jpeg