ブラジル Flag 
(イメージです。)

1
:2014/11/13(木) 11:27:40.20 ID:
ブラジルに住む韓国僑民が30年以上にわたり造成してきたボン・レチーロ・ファッション街が、撤去の危機に置かれています。

ブラジル・サンパウロ市はコリアンタウンのあるボン・レチーロとブラースなど、五つの地域の再開発を決定して、国際入札を今週行う予定です。

ブラジル韓人会はボン・レチーロとブラース地域の韓人ファッション商店のうち、70%が再開発地域に含まれていて、 撤去される危機に置かれていると明らかにしました。

ブラジル韓人会のパク・ナムグン会長は、「再開発が予定通り行われた場合、30年以上造成してきた商圏とともに僑民の経済基盤が崩壊してしまう」とし、 「14日(現地時間)に現地人とともに韓人総決起大会を開く」と述べました。

ブラジルには韓国僑民5万名余が居住していて、このうち60%はボン・レチーロなどでファッション業に携わっています。

ソース:NAVER/KBS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0010092648