1:2014/11/14(金) 18:49:15.83 ID:
アシアナに45日の運航停止処分 サンフランシスコ路線

2014年 11月 14日
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/11/14/0200000000AJP20141114002300882.HTML

【世宗聯合ニュース】
韓国のアシアナ航空旅客機が昨年7月に米サンフランシスコ国際空港で着陸に失敗し炎上した事故で、韓国国土交通部は14日、同社に仁川―サンフランシスコ線の運航を45日間停止する処分を科す決定を下した。

昨年7月6日(現地時間)に起こった事故では乗客291人と乗務員16人のうち乗客3人が死亡、187人が負傷(重傷49人、軽傷138人)した。米運輸安全委員会(NTSB)は今年6月に操縦士の過失を事故の主因と判断した。

運航停止処分は航空法に基づき、事故の人命・財産被害を踏まえて決定された。
本来なら90日の運航停止処分に該当するが、処分を決定した行政処分審議委員会が45日に軽減した。

アシアナ航空はサンフランシスコ路線を1日1往復運航している。運航停止により約150億ウォン(約15億8000万円)の売り上げ損失が発生するほか、イメージの低下も避けられない見通しだ。同社はこの処分に対し、10日以内に異議を申し立てることができる。

予約客の不便を最小限に抑えるため、運航停止は処分確定日の約3カ月後からとなる見通しだ。

国土交通部は、アシアナ航空の運航停止に伴う座席不足を解消するため、同路線を運航する大韓航空に大型機を投入させることを検討している。それでも座席が不足すると見込まれれば、大韓航空に臨時便の運航を勧告する方針だ。

サンフランシスコ空港で炎上したアシアナ機=(聯合ニュース)
7e3917d3.jpg