韓国 Flag

1
:2014/02/20(木) 17:19:55.05 ID:
政治部記者として、竹下登元首相(当時は自民党の筆頭副幹事長)を担当しているとき、面白い話を聞いた。

「選挙を通ってくる国会議員とは、その国民をさまざまな角度から切った断面を、それぞれ代表する人物たちだ。従ってアホの代表もいれば、詐欺師の代表までいる」と。

竹下氏の言葉を借りれば、韓国の与党であるセヌリ党の洪文鍾(ホン・ムンジョン)議員は「奴隷使いの代表」かもしれない。洪氏は、党の事務総長のポストにある。陣笠ではなく、幹部だ。

今年1月21日の党内会議では「安重根義士がテロリストなら、日本はテロ国家だ」と述べた。『聯合ニュース』が「与党幹部が周辺国のことを『テロ国家』と表現するのは異例」とコメントした発言だった。

その洪氏は2010年8月、京畿道(キョンギド)抱川(ポチョン)にあるアフリカ芸術博物館を買収して、その理事長になった。アフリカから来た舞踏家が踊りを見せ、やはりアフリカから来た彫刻師が実演するのが目玉らしい。ところが、今年2月10日、その舞踏家、彫刻師らがソウルのセヌリ党本部前で「洪文鍾は奴隷扱いをやめろ」のデモをしたのだ。

2月11日の『ハンギョレ新聞』が詳細を伝えている。彼らの主張を要約すると以下の通りだ。

法定最低賃金は1カ月126万9154ウォン(約12万1500円)なのに、65万ウォン(約6万2000円)しかくれない。抗議すると「アフリカでは大金だろう」と言われた。

公演回数、実演時間は守られず、時間外手当もない。

1日の食事代は2500ウォン(約240円)から4000ウォン(約380円)に上がったが、足りない(ちなみに、京畿道の会社員の平均昼食代金は6212ウォン=約590円=『中央日報』13年3月22日)。抗議すると、コメを支給されたが、それは傷んでいた。

契約するときは「テレビとコンピューターが備わった立派な寮を提供する」と言われたが、実際に来てみると、宿舎の窓ガラスは割れていてネズミの巣だった。

抗議するたびに、管理者は「どうにもならない」「理事長は韓国で非常に重要な人物だ」と言った。

何人かが脱走すると、パスポートを取り上げられた。

この主張通りなら、まさに奴隷の扱いだ。

やはり今年2月、韓国では、心身障害者が離島の塩田労働者として売られ、5年間も奴隷扱いされていたことが明るみに出た。この件について朴槿恵大統領は「事実は小説より奇なり」と驚きを表明し「再発防止」を指示したそうだ。

では、仲間がそろって映画鑑賞に出掛けられ、時に実家に大金を送金できた朝鮮人慰安婦が奴隷だったのか-。大統領は韓国の国内資料である『慰安所管理人の日記』にでも目を通し、
小説(ファンタジー)ではなく、事実を知るべきだ。

■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。
時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。
主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140220/frn1402200723001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140220/frn1402200723001-n2.htm