1:2014/11/18(火) 22:59:38.37 ID:
297ed995.jpg
韓国の労働政策に異議を訴えて行われた集会(AP)

 韓国国民に借金漬けの脅威がじわりと迫ってきている。韓国の家計の借金は1000兆ウォン(約101兆円)を突破。国内総生産(GDP)に占める個人負債の割合は90%を超えアジアで最も高い水準にあることが分かった。韓国メディアはこのままでは、GDPを上回るローンを国民が背負うと危機感を募らせる。最近では、自分の名義では金を借りれない専業主婦をターゲットに消費者金融業者が競って融資している実態も明るみに出て社会問題化する兆し。
韓国経済は、サムスン電子などの大企業の不振だけでなく、国民の過剰債務の不安という内憂を抱えている。

1000兆! アジア最悪の個人負債

 リーマンショック以降、金融危機の恐ろしさが身に染みた多くの国では、金融機関が個人向け融資に慎重なっているが、韓国ではむしろ国内総生産(GDP)に占める個人負債の割合が増す現象が起きているのだ。

 韓国メディアの毎日経済新聞(電子版)が伝えたドイツ金融会社アリアンツが発表したデータによると、昨年末時点の世界主要53カ国のGDPの個人負債比率は65・1%で、09年に比べて6・4ポイント下落した。

 ところが、韓国はアジアで最も高い92・9%で08年比で10%上昇。負債規模は08年からの5年間で、1・4倍に急増したという。

 アリアンツは韓国のような個人負債が膨張した国では、景気減速で債務不履行に陥る危険性があると指摘。とりわけ、低所得者層の債務問題に警鐘を鳴らした。

税滞納者は「信用不良者」とまで呼ばれ

 確かに、そんな心配は強まっているようだ。

 朝鮮日報(電子版)によると、税金を払えずに「信用不良者」と呼ばれる債務不履行に陥った人がここ3年で23万人増え、昨年末時点で64万2000人いたことが分かった。

 国税庁の関係者の話として、「滞納者数でみると、生計が苦しくて払えない人が大半を占めている」という。

 韓国では500万ウォン以上の税金を1年滞納した人については、国税庁など関係機関が全国銀行連合会に通知し、信用不良者として登録される厳しいルールがある。

 景気の減速は、雇用と家計にこそ、重くのしかかる。収入が減っても生活水準を変えられないなら、親族らからの援助や公的支援を受けるか、資産の売却。そうでなければ、借金をするしかない。

 朝鮮日報はこのほど、消費者金融から高利で金を借りる女性が韓国で急増している衝撃的なニュースを伝えた。

 自分の名義では銀行から金を借りられない専業主婦らに対して、消費者金融業者がこぞって融資しているのだという。

“主婦”金融急増…取り立て容易な上客

 女性向けをPRする消費者金融の最大手では、2010年に比べて、今年3月時点で貸付資産が3倍に増加。業界関係者は、女性顧客数は10年のころよりも今は1・6倍に増えているとの見方を示した。

 主婦らが工面した金は、生活費に使う場合が多いが、高利での借金だけに専門家は危険性を指摘する声があがっているという。

 「韓国ほど女性専用の貸金業などが幅をきかせている国はない」との大学教授の声を紹介。そのうえで、消費者金融が、社会的弱者に位置付けられる女性客を隙間(ニッチ)市場として攻略した結果だとの意見を伝えた。

 消費者金融業者は女性は男性に比べて、取り立てが簡単なため、消費者金融業者にとって上客。金融業者の元社員は女性客について「『(借金を)夫にばらす』『父親は知っているのか』などというだけで返す」とし、延滞しないようほかの会社から借りることも勧めると打ち明けたという。

 銀行は所得のない主婦らを「信用不良者のように見なしている」との大学教授の指摘も紹介された。

>>2以降に続く)

http://www.sankei.com/west/news/141118/wst1411180004-n1.html
http://www.sankei.com/west/news/141118/wst1411180004-n2.html
http://www.sankei.com/west/news/141118/wst1411180004-n3.html
http://www.sankei.com/west/news/141118/wst1411180004-n4.html