1:2014/12/05(金) 22:10:03.17 ID:
「アンブロークン」の豪プレミア上映に出席したアンジェリーナ・ジョリーさん(中央)
088a1cc1.jpg

 【ロサンゼルス=中村将】

 米女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが監督を務める映画「アンブロークン(原題)」をめぐり、配給元の米大手映画会社、ユニバーサル・ピクチャーズが日本と中国での公開について思案しているもようだ。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。
 映画は全米で25日から公開されるが、主役の米兵を日本兵が再三虐待する場面があり、日本では抵抗感が強く、中国では反日感情をあおりかねないためだ。

 映画は先の大戦で、日本軍の捕虜となった元五輪選手で米軍機の爆撃手だった、ルイス・ザンペリーニ氏の半生を描いている。北米や欧州、豪州などで公開が決まっているが、世界2位の映画市場である中国と3位の日本での公開は未定だ。

 ザンペリーニ氏は1936年のベルリン五輪の陸上5千メートルに出場し、8位に入った。後半の力走が観戦中のヒトラー総統の目にとまり、競技後、握手を交わしたという逸話もある。

 戦時中、搭乗した爆撃機が太平洋上に不時着。47日間漂流した後、旧日本軍に発見されて捕虜となった。収容所の看守に目をつけられ、繰り返し虐待を受けたとされる。終戦によりロサンゼルス郡トーランス市に戻ったザンペーニ氏は故郷の英雄に。98年の長野五輪では聖火ランナーも務めた。今年7月2日、肺炎のため97歳で死去した。

 映画の予告編で、日本兵による虐待シーンがあることは確認されているが、さらに問題視されているのはベストセラー作家、ローラ・ヒレンブランド氏の原作で、「捕虜たちが焼かれたり、人体実験で殺され、(日本の)古来からの人食いの風習で生きたまま食われた」などと捏造(ねつぞう)されたストーリーが史実のように描写されていることだ。「映画にそうしたシーンがあれば、中韓が政治的に利用しかねない」と懸念する在米日本人もいる。

 ユニバーサル社が、日本での公開を案じる背景はそこにある。同社幹部はロサンゼルス・タイムズ紙の取材に、「映画は『希望と立ち直る力』を表現している。強調したかったのは人間の精神力であり、日本軍の捕虜への行為ではない」と説明している。

 一方、中国では反日映画やテレビドラマが人気で、2012年だけで200以上の作品が制作された。01年に日本でも公開されたマイケル・ベイ監督の「パールハーバー」など、先の大戦を扱ったハリウッド映画はいずれも好調だった。原作の「アンブロークン」も中国語に翻訳されており、映画も相当の売り上げが見込めそうだ。

 だが、ユニバーサル社側は、「(中国で公開することで)反日感情をあおっているとみられるのは本意でない」としている。

産経ニュース 2014.12.5 18:54
http://www.sankei.com/world/news/141205/wor1412050037-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/141205/wor1412050037-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/141205/wor1412050037-n3.html

関連スレ
【映画】アンジェリーナ・ジョリーが上海で「アン・リー監督を中国人と言ってよかったかしら。台湾人ですよね」と<問題発言>[06/11]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402492233/l50
【韓国】チョン記者「慰安婦漫画の次は映画で世界にアピールを」「アンジェリーナジョリーに協力要請を」[3/8]
http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1394245338/l50 

=管理人補=
MIZUHO no KUNI 関連記事
大嘘!「マジ許さねえ!」「外務省抗議しろ!」 ⇒ 日本軍が人肉を食す映画を製作! byアンジェリーナ・ジョリー